注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

〈ドラマ制作部〉とはどんな仕事内容なの?現場で働くクリエイター

こんにちは、ひらきです。

皆さんが普段見ているテレビドラマをどのように撮っているか、ドラマ撮影の裏側、つまりスタッフの人たちがどんな仕事をしているかご存知ですか?

ドラマは見てるばかりでスタッフの方達の仕事がどんなものか全然わからないなー

こんな風に思う方は、ぜひ最後までお読みください。

この記事では『〈ドラマ制作部〉とはどんな仕事内容なの?現場で働くクリエイター』というテーマで、僕が普段請け負っている〈ドラマ制作部〉の業務についてご説明させていただきます。

ドラマ制作部とは、主な仕事内容として〝ドラマ全体の管理〟を行なっています。
企画の段階から物語の構成を把握し、撮影場所を探すロケハンや番組制作費のお金の管理など幅広い視野で業務を勤めます。

撮影期間中もキャストやスタッフの安全面、近隣住民への配慮などにも気を使うため、最近はなかなか仕事が長続きせず途中で辞めてしまう子や、やりたがる子が少ないといった人手不足にも悩まされています。

・ドラマ制作部の仕事内容
・ドラマ制作部の現場の動き

僕の記事は芸能を目指しているも読んでくださっていると思いますが、スタッフの仕事とはどんなものか、これを機に勉強してみてはいかがでしょうか。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。詳細や芸歴はこちら

〈ドラマ制作部〉とはどんな仕事内容なの?

ドラマ制作部とはどんな仕事をしているのか。僕は普段、『制作部』の仕事を請け負っています。ではどんな業務内容なのか?

名前の通り、制作部とはその作品の制作業務及び制作現場の責任者としてロケハンやロケ交渉、現場の予算管理やキャスト・スタッフの安全管理など撮影するにあたっての現場監督です。

ざっくり言うとドラマ撮影の管理をしています。撮影場所の管理やスタッフの管理、お金の管理など。

とにかく幅広く視野を広げていることが大事、ドラマ撮影というのはいろんなトラブルがつきものですからね。

スポンサードリンク

映画/ドラマ『制作部』の役割

関連記事

こんにちは、ひらきです。 皆さんはテレビドラマをどのように作っているか知っていますか? 朝早くから夜遅くまで、とにかく過酷な現場な印象かなー このようなイメージが強いのではないでしょうか。 確かに間違って[…]

見ていただけるとわかるように、映画やドラマの制作には様々な役割のスタッフがいます。

もともとロケハンやロケ交渉というのは制作会社のアシスタントディレクターの役割だったのだが、現在では独立した職業として映像制作では欠かせない役割の一つとなっているのです。

プロデューサーを目標とする人は、この制作部という仕事をほとんどの人が経験していて、現場のノウハウをしっかり学んだ上で企画等を立ち上げてきます。

制作部の中でも役割分担があり、大きく3つの職種に別れています。

・制作担当
・制作主任
・制作進行

それぞれ役割分担があり、一人一人が自分の役割を果たすことでロケ全体が円滑に進むようになっています。

以下、それぞれの詳細です。

制作担当

通称・プロダクションマネージャーとも言われています。

番組プロデューサーや監督と、直接ロケの予算やロケ地交渉などを行い、チーフAD(助監督)と連絡を取りながら制作現場を速やかに取り仕切る。

言わば、現場の要なのです。

制作担当の力量によって作品のクオリティは大きく左右されると言っても過言ではありません。

大規模なドラマ企画や映画を除き、政策担当は基本は1人で請け負います。

規模が大きくなると2〜3人の体制をとることもあります。

制作主任

制作部でのNo2の認識でいるとわかりやすいと思います。

制作担当指示のもと、ロケ地を探したりロケ地交渉を行い台本に沿った撮影場所をリサーチしたりします。

ロケ地にはそれぞれ担当の制作部がつき、現場管理や責任を持つことから一つのドラマ作品に対し(規模にもよりますが)制作主任は大体2〜4人で構成されます。

現場によっては担当クラスの人や、プロデューサーをやっている人が制作主任という立場で現場に入るため、大きな即戦力となる場合があります。

制作進行

制作部の仕事を請け負う中で、一番最初に請け負うのがこの制作進行の業務です。

撮影時のキャスト・スタッフのお弁当の手配や、お茶菓子・飲み物の手配、常に現場に張り付き、撮影が円滑に進むようにその名の通り〝進行〟することが業務内容です

スケジュールのコピーやロケ地の地図作成など、事務的な業務も行わなければいけないため、体力的にも負担のかかる役割です。

制作進行も作品の規模により人数の変動があるが、大体1〜2人。多いところだと3〜4人いるところも。

最近だと制作進行リーダーというカッコいい役割もできています。

制作部の現場での動き/働き

制作部は撮影が始まるまでの準備段階から、日夜その業務に追われています。

しかし、いざ撮影がクランクインし現場が進んできてからももちろん大変です。

撮影が始まれば他の技術スタッフや美術スタッフが円滑に仕事が出来るようにフォロー・ケアをし、現場の移動などの的確な指示、スケジュールに合わせた迅速な連絡対応、ロケ地の管理・責任は全て制作部の仕事になってきます。

キャストやスタッフの安全管理も行うため、現場全体を把握する広い視野が必要になってくるのです。

また、天気の都合やキャストの急なスケジュール変更に合わせ、ロケ地対応や日程スケジュールなどを素早く臨機応変に対応していかなければなりません。

常に数日先の行動を考え、プロデューサーや監督と相談し、現場をスムーズにコントロールしていきます。

制作部がいないと作品は作れない

制作部の判断一つで撮影現場は大きく左右されることがあります。

安全判断や予算上の都合で、重要なシーンを撮影中止にすることだってあるのです。

監督がどんなことを言おうが、こればかりはどのスタッフよりも強大な力を発揮する。

制作部の言葉一つで番組は動かせてしまうのです。

我々はよくこんなことを言います。

「制作部の言うこと聞かないと撮影は出来なくなりますよ?」と。

もちろん冗談半分ですが、あまりにも常識のないスタッフなんかがいるとあながち冗談でもなくなりますからね。

ロケ地近隣への配慮

撮影というのはスタジオだけならまだしも、公共施設や一般のお宅での撮影をすることが度々あります。

そんな時、配慮しなくてはいけないのが近隣住民や一般者への気配りです。

いくらこちらは仕事をしているとはいえ、大きい声で喋ったり作業する上での騒音などは迷惑でしかありません。

ましてや我々撮影隊は40〜50人くらいで行動していて、規模が大きくなると100〜200人を超えることもあります。

そういった気配りや配慮も我々制作部の仕事なのです。

「クレームが入ればそれを迅速に対応し迷惑になると判断したスタッフがいれば注意をする」絶えず気を張り続けているんですよね。

【まとめ】大変だけれど楽しい制作部

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『〈ドラマ制作部〉とはどんな仕事内容なの?現場で働くクリエイター』というテーマでお話させていただきました。

述べたように、制作部の仕事は一言でいうと〝大変〟です。

しかし、僕たちはクリエイターです。

作品が完成しそれが全国に公開されると「大変だったけれど携われて良かったな」と、やはりモノづくりは素晴らしいなと実感できます。

仕事に慣れれば心にも余裕ができ、スタッフやキャストと仲良くなればより一層仕事が楽しくなります。

制作部とはどんな仕事なのか、大体わかっていただけたでしょうか?

これを読んでる人で、もしかしたら制作部を目指している人がいるかもしれません。少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!