注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

役者を目指すためにやるべきこととは?それだけでは一流にはなれない!

こんにちは、ひらきです。

役者活動は本当に狭く厳しい道のりです。

そんな道のりを選んだあなた、役者を目指すためにはどんなことをやるべきだと思いますか?
とりあえず役者の仕事だけをこなしていけばいいんじゃないの?

なんて思っている方、ぜひこの記事を最後までお読みください。

今回は『役者を目指すためにやるべきこととは?それだけでは一流にはなれない!』というテーマでお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。詳細や芸歴はこちら

・なぜ役者の仕事だけをやっていては一流になれない?
・一流の役者になるにはどんなことをやればいいのか?
・役者を目指すためのマインドとは?

役者を目指すためにやるべきこととは?それだけでは一流にはなれない!

結論として「役者の仕事ばかりをやっていても一流にはなれない」と僕は考えます。

先日、僕はこんなツイートをしました。

役者を目指す人の大半の方は、役者の仕事〝しか〟しないのです。

では、役者を目指すためにやるべきことは一体どんなことなのでしょうか。

「これをやれば役者になれる」なんて明確なものはありませんが、まず重要なのはプロダクション(事務所)選びです。

自分が所属する事務所一つで役者としての人生は大きく左右されると言っても過言ではありません。

役者を目指している方、所属するプロダクション選びは慎重になりましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

スポンサードリンク

とにかく最初は現場での経験を踏む

どんな大手の芸能プロダクション(芸能事務所)でも、いきなり大きな仕事はいただけません。

ましてや台詞付きの、露出もしっかりするような依頼なんてのは与えられるわけがありません。

まずはどんな小さな仕事でも依頼がきたらコツコツと受けること。

たとえエキストラの仕事でも、場数を踏んでいけばいつか必ずチャンスはやってきます。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 よくこんな質問をいただくことが多いです。 エキストラってやる必要あるんですか? お金にならないし面白くないからやりたくないです・・ 先に結論を言いますと〈[…]

役者とは下積みだけでも何年も年々もかかるものです。

大半の人はここで諦めてしまうんですけどね。

常にスキルアップを目指す

役者を目指すのであれば、常にスキルアップを心掛けなければなりません。

僕はよくこんなことを言います。

「役者にプライベートはありません」と。

もちろんそんなことはありませんし、僕だって遊ぶときはしっかり遊びます。

ただ、そのくらいの意識を持って専念しないととても一流にはなれません。

生活の一部も役者として振舞うこと。

・食事をしているとき
・車を運転しているとき
・誰かと会話をしているとき

など、どんなときもカメラに撮られているという意識を常に持ってください。

そうすることで役者としてのスキルは大幅に向上します。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者の活動場所は幅広く、映画やドラマ・舞台など多様なジャンルがあります。 その中で役者とは何をもってそれを定義とするのでしょうか。 容姿が良い人? 上手に台詞を喋れる人? […]

芸能界を目指す人ってどんな人なのか?

「おれ、役者になってテレビに出て有名になる」

芸能界を目指す人って、大体のスタートがこんな感じです。

学生の頃、周りよりも容姿が良くて目立つ存在だった。

そんな人が自分への自信過剰の勢いで芸能界を目指す、こんな例は珍しくありません。

もちろん、芸能界を目指すきっかけなんて人それぞれですが、大事なのは継続して努力を怠らないこと。

芸能界の入り口って正直広いんです。

しかし、一流になるために歩き続ける道が険しく細いのがこの業界です。

この困難な道のりをどのように渡っていくか、この後お話していきます。

違う角度から考えてみる

役者を目指す人は、役者の仕事ばかりをやっていても一流にはなれません。

ん、どういう意味?
役者を目指しているんだからいいんじゃないの?

なんて思うかもしれません。

しかし僕の経験上、役者を目指しているからといって『役者業⇆アルバイト』の往復だけでは仕事をいただけるチャンスは極端に減ってしまいます。

ではどうしたらいいのでしょうか。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

違う視点からのぞいて観る

芸能界は多種多様なジャンルの仕事があります。

役者の仕事だけでもドラマや映画といった映像出演以外にも、舞台出演の仕事やスーツアクター、スタンドイン、吹き替えといった顔は出ないが立派な役者としての仕事が他にもあります。

自分の目指す役者の仕事以外にも、ほかのジャンルを挑戦することで違った視点から物事を考えることが出来ます。

スポンサードリンク

付き人になる

大御所役者の付き人になることで、プロの現場のノウハウを学びながら間近で芝居も勉強できるます。

一流の役者になる人は結構経験していることが多いです。

特にVシネ作品には多かったようですね。

しかもバーターとしてその作品に出演させてもらうことが多いというメリットがあります。

ギャラ(報酬)をもらいながら勉強ができる、一流になるためのこれ以上いいやり方はないと思います。

現場スタッフとして働く

これは僕が経験してきた方法です。

現場スタッフとして実際に本格的なドラマや映画の作品に携わることで、より多くの経験を積むことが出来ます。

また、スタッフとして働きながらもプロデューサーや監督に直接自分を売り出すことが出来ます。

下手にアルバイトをするよりも収入もいいし、よほど効率的です。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 皆さんが普段見ているテレビドラマ、どのように撮っているか。 ドラマ撮影の裏側、つまりスタッフの人たちがどんな仕事をしているかご存知ですか? ドラマは見てるばかりでスタッフの方達の仕事がどんなも[…]

プライドはいらない

芸能界で一番失敗しやすい人はどんな特徴なのでしょうか。

それはとにかく「プライドが高い人」です。

芸能の仕事を継続的に続けられる人は、とにかく「謙虚」で「素直」であることです。

仕事に対し、高いプライドを持って行動することはとても大切なことですが、根拠のないプライド特に感情的になり反発的になってしまったら即アウトです。

2度とその現場では使われません。

関連記事

こんにちは、ひらきです。   ひらき 【プロフィール】ひらき(@khiraki0201)芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。→https://kslink.jp10代から20代にかけて芸能界で〈生[…]

アルバイトをするにも、よく考えて選考する

仕事が安定するまでは、どんな人でもアルバイト生活しながら芸能活動をするものです。

しかし、アルバイトをすることに毎日時間を何時間もとられているようでは芸能活動が疎かになってしまいます。

でも働かないと生活できないよ

この負のスパイラルから早く抜け出すにはどうしたらいいか、且つ時間の無駄にならないアルバイトとはどんなものか。

↓こちらの記事も合わせてお読みください。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回の記事は痛いところをつかれる方が多いんじゃないかな。 ずばり「アルバイトは無駄」というテーマでお話させていただきます。 えーでもアルバイトしなかったら生活できないよ・・ です[…]

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『役者を目指すためにやるべきこととは?それだけでは一流にはなれない!』というテーマでお話させていただきました。

役者を目指しているからといって、それだけをやっているだけでは非効率だし仕事の幅はいつまで経っても広がることはありません。

「やりたくない」と感じた仕事でも、それが後々のビジネスとして繋がるようであれば目先のことを考えずに率先してやるべきです。

また、いろんなジャンルの仕事を経験していけばそれも役者としてのスキルとして必ず役に立ちます。

芸能界はとにかく広いです。何事も挑戦していきましょう。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!