注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「今からでも役者になれますか?」と聞く前にとにかく行動しましょう

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。詳細や芸歴はこちら

芸能プロダクションを経営しているとよくこんなことを聞かれます。

今からでも役者になれますか?

と。

僕自身、役者として活動していますが役者にゴールは無く、同様にスタートも無いのです。

僕は聞かれるたびに「役者を目指すのに年齢は関係ありません」と言っています。

まずはとにかく行動すること。

この記事では『「今からでも役者になれますか?」と聞く前にとにかく行動しましょう』というテーマで、役者を目指すにはどのように行動すればいいかお話していきます。

・役者を目指すにはまずどうしたらいいのか?
・なぜとにかく行動することが大事なのか?
・食べていける役者になるにはどうしたらいいのか?

「今からでも役者になれますか?」と聞く前にとにかく行動しましょう

「今からでも役者になれますか?」

なんて人に聞いているようではまだまだ役者になりたいという気持ちが足りていません。

というのも、本当に芸能界を目指したいのであればとにかく自分で調べ行動します。

これは役者然り、どんな業界においても同じことが言えます。

分からないことは誰かに聞く、というのは特にビジネス界では成長を妨げる行動になります。
分からないことは自分で調べる。
これは目標を達成するためのモチベーションを維持するためにも有効です。

少し脱線してしまいましたが、この記事でお話することは〈どんな年齢でも役者を目指すことが出来る〉をテーマにしていきます。

本当にどんな年齢でも役者を目指すことは可能です。

ではどのように行動していけばいいのか?

順番に説明していきましょう。

スポンサードリンク

まずはどんな役者になりたいのか明確にする

役者といってもその活動範囲はとても広いです。

・映画に出演したいのか?
・ドラマに出演したいのか?
・舞台に出演したいのか?

まずは自分がどのような表現の場で活躍したいのかを考える必要があります。

僕はこれまで色んなタレント志望の方達に会ってきましたが、必ず「芸能界での目標は何ですか?」と聞いています。

そこで困った回答をされることがあります。

「芸能界でBIGになりたいんです!」

こんなことを言われてしまうと、目指す内容が漠然としすぎていてこれでは何もアドバイスが出来ません。

これと同様に、「役者を目指す」と言ってもそのジャンルを明確にする必要があります。

それ次第でどんな芸能プロダクションに入ればいいのか、はたまた劇団を探すべきなのか、まずはこれが最初のステップになります。

年齢に関係なく受け入れてくれる芸能プロダクションを探しましょう

芸能界を目指すのであれば〈芸能プロダクション〉に所属することは必須になります。

近年ではフリーランスとして芸能界での活躍をしている人が増えてきましたが、それは自分一人でスケジュール管理や営業できることが大前提。

元々どこかのプロダクションに所属していてフリーになったというパターンが多いです。

ゼロから芸能活動を始めるのであれば、まずは芸能プロダクションに所属することをお勧めします。

しかし芸能プロダクションといっても大手の企業から無名の小さい企業まで数多くあります。

その中から自分に合うプロダクションを探すというのはかなり困難です。

僕も株式会社K’sLinkという芸能プロダクションを経営していますが、これを読んでいるあなたに「絶対におすすめです!入所してください」なんて言うつもりはありません。

かと言って「〇〇プロダクションはお勧めですよ!」なんてことも気軽に言えません。

目指す方向性や、その人のポテンシャルによって芸能プロダクションというのは選ばなくてはいけないからです。

こればかりは自分で探し出すしかありません。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

劇団はどこも人手を求めています

「映画やドラマよりも、舞台出演で活躍していきたい」

なんて方は劇団に所属することもおすすめします。

劇団といっても、だれもが知っているような大手の劇団は年齢制限があり、これから役者を目指したいあなたの年齢次第では入所は難しいところがあります。

が、劇団も大小含めると数多く存在します。

手当たり次第調べるのもいいですが、まずはその劇団が「どんな演劇をやっているのか」というのを実際に観に行くのがいいかもしれません。

その劇団がどんな作風の演目をやっているかを観ることで、あなたがどんな演劇をやりたいかが分かるはずです。

「あんな劇団の方達と一緒に芝居をしてみたい」

「あんな作品の中で自分も活躍してみたい」

こんな風に思えるところを探してみるのがベストなのです。

役者を目指すのに年齢は関係ありません

何度も言っていますが、役者を目指すのに年齢は関係ありません。

僕の友人のお母さんは、定年退職後に初めて演劇の世界に入り、小劇場で主演をやるようになっています。

自分のモチベーション次第で「役者になる」ことは出来るのです。

といっても、いきなり「ハリウッドを目指します!」「全国映画で主演を目指します!」などといった目標は現実味がないので、まずは小さな目標から持つようにしましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

役者という商売は奥が深いです

与えられた台詞や演出を上手にこなしていくことだけが役者の仕事ではありません。

演技技術ももちろんですが、歌やダンス、アクションなど役者とは何でも出来て〈役者〉と言えます。
技術を追求してもゴールがない「役者という商売は奥が深い」のです。

日々のトレーニングを欠かさない人こそが一流になっていくのであって、「プライベートの合間をみて役者を目指す」というのは正直難しい業界でもあります。

これを読んでくださっているあなたが、役者という世界を本当に目指したいのであれば中途半端な気持ちでは挑んで欲しくありません。

役者を目指している人というのは何千人も何万人もいるのです。

この競争の中でいかに自分をアピールできるか、いかに独自の自分を表現できるか、これが芸能界という業界で活躍するコツになります。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『「今からでも役者になれますか」と聞く前にとにかく行動しましょう』というテーマでお話させていただきました。

まず大前提として役者を目指すことに年齢は関係ありません。

と何度も言っておきます。

本人のやる気次第で役者という職業は「なる」ことが出来ます。

反対に、いくら若いうちからこの芸能界を歩んでいたとしてもやる気が無かったり間違ったやり方をしていてはいつまで経っても食べていけるようにはなりません。

芸能界は所詮はビジネスです。

「食べていけるようになりたい!」そういった気持ちがあなたを〈一流の役者〉にしていきます。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!