注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

役者に必要な特技【スキル】とは?「なんでも出来る」が役者です!

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。詳細や芸歴はこちら

役者の活動場所は幅広く、映画やドラマ・舞台など多様なジャンルがあります。

その中で役者とは何をもってそれを定義とするのでしょうか。
容姿が良い人?
上手に台詞を喋れる人?

これだけではとても役者とは言えません。

先日、僕はこんなツイートをしました。

何も出来なければこれからの芸能界では生きていけません。

ではどんな特技【スキル】を身につけ、どんな人が役者と呼ばれるのでしょうか。

この記事では役者に必要な特技【スキル】とは?「なんでも出来る」が役者です!というテーマでお話していきます。

・役者にはどんな特技(スキル)が必要になってくるのか
・役者として活動するには、どんな心構えが必要か
・役者として結果を出す人は、どんな人なのか

役者に必要な特技【スキル】とは?「なんでも出来る」が役者です!

どんな特技(スキル)を身につければ良いのでしょうか。

一言にスキルといっても数多くあり過ぎて何をしていいかわからないですよね。

ここからお話することを是非参考にしてみてください。

最低限これだけでも身につけましょう

芸能界で仕事になるようなスキルはたくさんあります。

今回は『最低限これだけでも身につけよう』ということで、映像作品や舞台でも役に立つようなスキルをご紹介いたします。

身体を自由に使えるアクションスキル

まずは『アクションスキル』を紹介します。

アクションといってもジャンルは様々。
ボディアクションや時代殺陣、カースタントやバイクスタントも〝アクション〟というジャンルに別れます。どれも身につけていれば問題ないでしょう。

ただしスタントに関しては特殊技能であり、命の危険もあるのでどんな制作会社でも老舗の安心できるスタント会社に外注することが多いです。

本格的に学びたいのであればしっかりと実績のあるアクション企業に習いにいくことをおすすめします。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 みなさんはどんなアクション映画がお好きですか。有名どころだと「ワイルド・スピード」シリーズや「ダイ・ハード」シリーズ。壮大な時代殺陣のある映画もアクション映画と言えます。 […]

時代劇では必須!乗馬スキル

『乗馬スキル』は時代劇では必須のスキルになります。

最近は予算の都合でテレビで時代劇を見ることが少なくなりましたが、馬に乗れるという特技があるだけでキャスティングをする側からすると目にとまります。

時代劇の代表、大河ドラマへの出演のチャンスにも繋がります。お金はかかりますが、絶対に習得しておけば役に立ちます。

リズム感や柔軟性!ダンススキル

『ダンススキル』は特に舞台を目指すのであれば必須項目になります。

ミュージカル作品に出演したければ「踊れません」ではそもそものオーディションに受かることはできません。

何年も何十年も習い続けてやっと表舞台に立てる技術です。

役者を目指すならまず必須になりますので、所属しているプロダクションにダンスのレッスンがなければ他所のレッスンを受けに行ったほうがいいほど重要なスキルです。
【TOKYO STEPS ARTS】⇦例えばこうしたスクールに通いながら芸能活動を進めていくのもおすすめです。

歌唱力はどこでも役に立ちます!ボイススキル

『ボイススキル』、こちらもダンスと同じでミュージカル作品には必須項目です。

声質は人により様々なので、教える講師によっては自分の持ち味が埋れたままになってしまう可能性があります。
自分の声帯の特徴にあったボイストレーナーに巡り合うことはなかなか大変です。

【アバロンミュージックスクール】【シアーミュージック】のようなスクールの他に、今では自宅でボイストレーニングが出来るカリキュラムも多くあります。

いきなりスクールに通うにもお金が厳しいよ

なんて方もいるかと思います。

そんな方は自宅で簡単発声練習【ビューティーボイストレーナー】のようなアイテムもあります。(僕も以前使っていました)

最近は歌手の方が役者もやったり、反対に役者をやっている者が歌手デビューをするなんてことも増えてきた芸能界。

これが当たり前のようになってきましたよね。

歌のスキルは役者の活動をしていくには必須になります。

役者への入り口は広い

「芸能界はとても厳しく、成功するのはほんの一握り」

なんて言葉はよく聞くことでしょう。

しかし、そんな『芸能界に入る』のはみなさんが思っている以上に簡単です。

・芸能界に入って活躍したいな〜

・芸能事務所や劇団を探す

・オーディション、面接を受け、受かったら入所・入団手続き

たったこれだけです。でも大変なのはここから。

芸能事務所に所属になったからといってすぐに仕事がくる訳ではありません。

例え容姿に恵まれようといきなりテレビデビューして周りからチヤホヤされる、そんなことは一切ないですからね。

多くの現場経験と、レッスンを積んでいって役者としてのポテンシャルを高めていくのです。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 芸能界を目指すには『芸能プロダクション』に所属することが必須になります。 ・どうしてプロダクションに所属するの ・どんなプロダクションを選んでいいかわか[…]

デビューしたからといってすぐに結果にはならない

「芸能界に入ってすぐにデビューでき、世間から大きな脚光を浴びる!」

そんな夢を持って業界に入ってくる人は少なくないでしょう。

それはごく稀に宝くじでも当たったかのような、強運の持ち主です。

地道な努力と、それに耐える精神力。

これがなかったら芸能界で活躍していくのは難しいでしょう。

『謙虚』さと『素直』さを持つこと

役者として上手に芸能界を渡っていくには、『謙虚』さと『素直』さが必須です。

ある程度の実績と実力があるならまだしも、たいした芸歴も無く実力もないような子が現場で監督やプロデューサーに口答えしてみてください。

その時点で一発アウト、芸能界の道は閉ざされてしまうでしょう。

「素直な気持ちで何事にも従う」それを重ねていけば上達も早いし仕事をもらえる量が増えてきます。
難しく考えずに、与えられた目の前のことをこなしていく。

これが大切なんですね

かといって危ないことには騙されないように。

なんでも出来なければ役者ではない

「最近の役者は何も出来ない子が多すぎる」東映を代表するとある役者さんに言われた言葉です。

僕は今まで数多くの映画やドラマの現場に携わってきましたが、ちょっとしたアクションや車の運転、少し特殊な技術はほとんど〝吹き替え〟で動きがつけられます。

※吹き替えとは役者さんに代わってそのジャンルのプロの方に代わりに動いてもらうこと。
その役者さんの体型や髪型を合わせ、顔は移さないようにあたかも本人が演じているように見せる技術

テレビや映画をよく見て見てください。

例えば乗馬シーンやアクションシーンなど、派手な演出があるところはその演じている人の顔がはっきり映らないことがあります。

それは本人に代わって別の方が演じているからです。

確かにアクションやスタントは怪我の恐れがあるし、技術のない者が演じれば大きな事故に繋がる可能性がありますからね。

かといってあまりにも何も出来ずに、普通のことしか出来ずに「台詞を言ってはいおしまい」ではとても役者は務まりません。

『なんでも出来て役者』大げさに聞こえますが普通の人でも出来ることしか出来ないようでは絶対に精進はしません。
逆になんでも出来るようになれば役者としてのステータスも上がり、仕事の幅も大きく広がります。

どんなことでも吸収してやるという強い意志を持ちましょう。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

役者に必要な特技【スキル】とは?「なんでも出来る」が役者です!というテーマでお話させていただきました。

今回お話したスキル以外にも、まだまだ他にも身につけておかなくてはいけないスキルはたくさんあります。

今回はその中でも身につけておいて〝当たり前〟というものをピックアップさせていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!