注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「舞台役者とは?」どんな職業なのか、ドラマ・映画俳優との比較4選

こんにちは、ひらきです。

みなさなまは舞台で活躍する役者さんたちと、ドラマや映画のように映像で活躍する役者さんの違いをご存知でしょうか?

え、どっちも同じじゃないの?

なんて思っている方、ぜひ最後までお読みください。

この記事では〈舞台役者〉にスポットを当て『「舞台役者とは?」どんな職業なのか、ドラマ・映画俳優との比較4選』というテーマで映画やドラマ俳優との比較についてお話していきます。

①集客の違い
②ギャラ(報酬)の違い
③拘束期間の違い
④芝居(表現力)の違い

記事の後半では一流の〈舞台役者〉になるための日頃から実践しておくべき行動をお話しています。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

「舞台役者とは?」どんな職業なのか、ドラマ・映画俳優との比較4選

そもそも舞台役者とはなんなのか、みなさんはどのようなイメージを持ちますか?

「無名の人たち?」

「見たことないからわからない」

映画やドラマと違って、舞台役者を目にする機会ってそこまで多くないですよね。

稀に見る宣伝やポスターを見ても正直ピンとこない方が多いはずです。

映画やドラマは事務所の力や自身の実力が備わっていないとなかなかキャスティングされることはないですが、舞台というのはある程度役者としてのスタートをしていれば割と簡単に出演することが出来ます。

また、事務所に所属していなくてもそれほど規模の大きくない舞台でしたら出演させてもらえます。

しかし舞台役者は簡単に出演できる反面、〈集客〉が出来なければ収入なんてほぼゼロに近いのです。

一流の舞台役者は日頃から〈集客〉を意識し、パフォーマンスのスキル同様〈集客〉のための努力も怠りません。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者活動を継続していくためにはどうしたらいいのでしょうか? 結論を言いますと、それは〈集客〉です。 舞台にたくさん出演していきたいのに、いつも〝チケットノルマ〟に苦しんでいる・・ こんな[…]

スポンサードリンク

舞台役者と映画・ドラマ俳優を比較する

舞台役者も映画やドラマの映像作品の役者も、同じ芸能界で活躍する役者さんたちですがそれぞれ活動内容に違いがあります。

では、〈舞台役者〉と〈映画・ドラマの役者〉を比較してみましょう。

比較その①:集客の違い

映像作品に出演する役者さんたちは、その作品の宣伝はするが直接の集客という作業を行いません。

しかし、舞台に出演する役者さんたちは自分たちで集客作業を行わなければならないのです。

これが本当に大変なわけで・・。

特にチケットノルマがある舞台公演ですと、指定以上の集客が見込めなければその負担は自己責任になってしまいます。

※チケットノルマとは
指定された枚数のチケットを全て買い取らなければならない。
枚数以上の集客をすればその分利益が出る。

だから舞台役者はパフォーマンス力を高めることと同様に、日頃から〈集客〉にも努力をしているのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者活動をしている方に質問です。 日頃、集客をするための努力をしていますか? 役者とは何も「自分という商品」のスキルを磨くためだけではありません。 「集客の努力」が出来てこそ、一流の役者と呼べるよう[…]

比較その②:ギャラ(報酬)の違い

映画・ドラマに出演する役者は、その出演料として報酬を貰います。
しかし、舞台に出演する役者はお客さんを呼ばないと報酬になりません。
最近は小劇場でも運営側から出演料をいただけるところが増えてきましたが、それでもチケットノルマがあると集客数がなければ結局は赤字になってしまいます。
・・とてもシビアですよね。
舞台だけで食べていくのは相当数のファンがついていなければかなり難しいのです。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは役者の〈収入〉がどのくらいなのか、どんな仕組みで支払われているのかご存知でしょうか? 芸能界を目指す者、特に役者を目指す人たちは一度は気になったことがありますよね。 いわ[…]

比較その③:拘束期間の違い

舞台出演にあたっての拘束期間はとにかく長い。
映像作品と違って〝稽古〟というのがあるからです。
どんなに小さい作品でも大体2〜3ヶ月くらいの稽古期間を要し、終日拘束されることもあるので、時間の使い方はうまく調整していきたいですね。
食べていけないうちはアルバイトとの時間の併用が難しくなります。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者を目指しているみなさん、聞いてください。 どうやら舞台稽古とアルバイトの両立は非効率らしいです。 時間の使い方が下手らしいです。 え、そうなの? なんて思ってしまった方[…]

比較その④:芝居(表現力)の違い

芝居については、このような記事で文章で説明するのは難しいのですが、映像作品と舞台での芝居は大きく異なります。

舞台役者は台詞の言い回し、身体の使い方、空間の使い方、どれをとっても映画・ドラマより大きく表現しなくてはなりません。

また、目の前にお客さんがいるため、そこに〝リアル〟で芝居を届けなくてはならないから大変です。

しかし僕は映像作品よりも舞台での芝居の方が奥が深く、高い表現力が必要だと思っています。

スポンサードリンク

一流の舞台役者を目指すならこれだけはやっておきましょう!

仕事がない期間だからといって、だらだらと過ごしているようでは役者は絶対に〈大成〉はしません。
常日頃から自分が役者だという自覚をし、自身を高めることを意識しましょう。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者を目指しているみなさん、毎日の〈トレーニング〉をしていますか? オリンピック選手が日頃トレーニングを積んでいるように、役者を目指す方ももちろん日頃から基礎トレーニングを欠かしてはいけません。それも、[…]

基礎的な発声法

滑舌や腹式呼吸、これは毎日しっかりと訓練しておかなければすぐに衰えてしまいます。

正しいやり方・知識、これはしっかり事務所やワークショップで習うようにしましょう。
(※絶対に我流で学ばないようにしましょう。間違った癖がついてしまいます)

筋力トレーニング

筋力トレーニング、こちらも毎日続けましょう。

単純な腕立てや腹筋でも構いません。

身体を鍛えることは役者として重要な仕事であり、鍛えることで自分に自信がもて芸能活動をするうえでのモチベーション強化に繋がります。

時間に余裕があればジムやフィットネスクラブに通うこともお勧めします。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

とにかく読書

僕がうちのタレントの子達によく言っているのが「役者を目指すのであればとにかく読書をすること」。
表現力とは『想像力+読解力』で身につきます。
また、成功者の自己啓発本も芸能界という厳しい環境を渡っていくための道しるべになります。
本は読めば読むほど自分の成長に繋がりますのでおすすめです。
関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 僕は昔から『読書』を欠かしません。役者を目指す上で、『読書』というのは必須になります。 読解力を身につけることは役者としての表現力を高めることに繋がるからです。 この記[…]

集客のためのプラットフォームづくり

今の時代、どんな人でもTwitterやインスタグラムなど、SNSを活用していますよね。
ここから集客に繋げるため、そこから生配信や動画投稿、ブログなど今あるコンテンツをフル活用しましょう。
ただ待っているだけではお客さんは絶対に増えません。
表現力を高めることも大切ですが、集客づくりをすることも大切な一環です。
毎日少しづつでも自分自身を発信していきましょう。

【まとめ】舞台役者も映像役者も、根本は変わらない

役者を目指す者、映画・ドラマにしても舞台にしてもやっておくべきことには大した相違がありません。
しかし、先ほど話したように舞台に出演する役者は〝稽古〟という拘束時間があり、本番が近づいてくるにつれ朝から晩までひたすら稽古することがある。
これはどんなに大御所の役者さんでもそうなんです。
舞台に挑戦するほとんどの役者さんはアルバイトの時間もままならない状態で時間を費やすものだから〈集客〉を頑張らなければ舞台出演をすればするほど赤字になってしまう。
それだけ舞台の世界は厳しいのです。
ただ役者として表現する場としては、僕は映画やドラマより舞台の方が好きなんですよね目の前にお客さんのいる緊張感、一度も止めることなく生で表現する臨場感。
これは役者にしか味わえない感覚ですよね。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!