注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

芸能活動「受け身」になっていませんか?待ってるだけでは仕事はない

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。詳細や芸歴はこちら

あなたの芸能活動、待っているだけの「受け身」になっていませんか?
事務所(プロダクション)に所属してるんだから、事務所からの仕事を待つのが当たり前でしょ?

はい、こんな風に思ってしまっている方はぜひ最後までお読みきださい。

今回は『芸能活動「受け身」になっていませんか?待ってるだけでは仕事はない』というテーマでお話していきます。

・なぜ「受け身」では仕事がもらえないのか?
・これからの時代のプロダクションとは?
・仕事をもらうにはどんな行動をすればいいのか?

芸能活動「受け身」になっていませんか?待ってるだけでは仕事はない

先に結論を言いますね。

「芸能界を目指すにおいて、ただ待っているだけの〝受け身〟の状態では絶対に仕事はもらえません」

それだけで芸能活動できるんだったら誰も苦労はしないですよね。

少しだけ厳しいことをお話していきますので、「仕事が思うようにもらえない」なんて方は覚悟してお読みください。

スポンサードリンク

事務所に所属して満足していませんか?

多くの方が勘違いしているのがコレです。

事務所(プロダクション)に所属するだけで満足してしまうこと。

・所属したんだから仕事の面倒はみてよね
・事務所は仕事をくれるのが当たり前でしょ

積極的な行動をしない子を、率先して売り出すようなプロダクションは聞いたことがありません。

後半で詳しくお話しますが、今の時代の芸能プロダクションに求める価値観は変わってきているのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

プロダクションは「きっかけ」

僕は芸能プロダクションというのは「きっかけ」だと考えています。

所属タレントに仕事(案件)を依頼することはもちろんですが、それ以外に〈個人の時代〉となった芸能業界でどうやって渡っていくかを教える場ではないでしょうか。

個人での活躍を推奨し、それをサポートする。

それが今の時代に求められていることなんですよね。

「役者は待つのが仕事」なんてのは昔話

「役者は待つのが仕事」

なんて言われていた時代もあります。

しかしそれは今となっては完全に昔話。

芸能界を本気で目指している多くの方が、時間を無駄にせずどんどん行動しています。

昔の言葉を鵜呑みにして、「役者を目指しているから、とにかく仕事が来るのを待っていよう」では何も成長することは出来ません。

自分から「発信する」という行動力が大事

じゃあどんな行動をすればいいの?

結論を言いますね。

・自分の活動を〝発信〟する
・知識や経験をインプットする
・コミュニケーションを広げる

挙げていったらキリがないですが、待っている時間を有効に使う手段はいくらでもあります。

発信できるテクノロジーがたくさん

今、これだけテクノロジーが発展し、情報発信できるツールが山のように溢れていますよね。

自分を〝発信〟することは、芸能活動において重要な〈集客〉に繋がります。

むしろ〝発信〟を怠ってしまうと「芸能界では仕事は貰えない」と言っても過言ではありません。

たくさんある今の技術を最大限に利用・活用しましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

スポンサードリンク

個人で仕事がもらえる時代

また昔話をしますね。

ほんの十数年前までは「芸能活動は芸能事務所に所属する」がマストでした。

しかし今はフリーで活動する役者でもテレビに出て、舞台に立ち、仕事を貰える時代になっています。

もちろん、個人での相当の努力もありますが。

つまり、事務所に所属しただけで安心していては、周りの頑張っている方達との差がどんどん広がっていってしまうのです。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 近年、芸能界の環境は大きく変化していっています。テレビ業界は年々衰退していき、一つのドラマ作品を作るのにも赤字の連続。 何より変化をもたらしたのは動画配信サービス・YouTu[…]

結局は〝行動力〟がないと仕事はない

結局は行動力が大事なんだね。

はい、そうです。

役者活動は、芸能事務所(プロダクション)に所属しようとしまいと「本人の行動力次第」なのです。

周りはあなたの〝行動力〟を評価する

前向きにがむしゃらに行動していれば、周りはそれを必ず評価してくれるんですよね。

もちろん結果を出すことも大事ですが、それよりも大事なのは〝行動力〟なのです。

本気で役者を目指したいのであれば「どんどん前に出て新しい挑戦に挑み続ける」これが今の衰退した日本の芸能界を変えていく手段なんじゃないかな。

一番の失敗は行動しないこと

多くの方は失敗することに恐れます。

もちろん僕だって失敗は怖いです。

でもね、一番の失敗は「行動しないこと」なんですよね。

出来ることばかりをやっていては人は成長しません。

何か明確な目標があるならば、恐れずに行動してみましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈結論〉所属しながら個々の活動に力を入れるのが理想の形

今、芸能界は変化しようとしています。

古い固定観念は消えていき、〈個人〉という新しい力をみにつけなければ芸能界を生き残っていくのは難しくなってきます。

いや、そうでなければ衰退してしまっている日本の芸能界を変えることは出来ません。

個人てことは、芸能事務所(プロダクション)には所属しない方がいいの?

いえ、そうではありません。

仕事をもらうために所属するのではなく、自分の成長のために〝利用〟するのです。

スポンサードリンク

芸能活動のノウハウを学ぶ

僕は「芸能界は所詮はビジネスだ」とよく言っています。

稼ぐ力がないと、結局は食べていけないですからね。

そのために芸能界で稼ぐための〈ノウハウ〉を学ぶのです。

芸能活動の知識やスキルを学ぶことももちろん大事ですが、自分の人生を長い目で見てみてください。

きっと、何を学ぶべきかが分かるようになってきます。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 「芸能界を目指しているけどアルバイト生活からなかなか抜け出せない」こんな方すごく多いですよね。 ・長いこと芸能界にいるのに全然売れない ・いつまで経って[…]

事務所(プロダクション)をサポートとして利用する

・自分でプロデュースをやってみたい
・いずれは独立して事業をしたい

こんな風に思っている方もいるかもしれません。

そんな時は事務所に相談してみてください。

きっとあなたのサポートをしてくれます。

これからの事務所(プロダクション)の在り方とは、そんなスタイルが主流になっていくのではないでしょうか。

つまり「受け身」は人生の無駄

もう分かりましたね。

「待っているだけ」では仕事をもらうことは出来ないですし、時間が無駄に過ぎていってしまうだけになってしまいます。

この記事を読んで、ズキッと心当たりのある方は今一度自分の芸能活動を振り返ってみてください。

きっと今すべき行動が見えてくるはずです。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『芸能活動「受け身」になっていませんか?待ってるだけでは仕事はない』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!