注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「役者になりたい」のか「テレビタレントになりたい」のか・・

こんにちは、ひらきです。

芸能界を目指す理由は人それぞれ、様々な目標があって表現の世界に飛び込んできます。

中でも「役者を目指しています」という方は相当数いるんですよね。

ここで役者を目指している方に質問です。

役者になりたいのですか?テレビタレントになりたいのですか?

この質問の意味が分からない方は、ぜひ最後まで読んでください。

今回は『「役者になりたい」のか「テレビタレントになりたい」のか・・』というテーマでお話させていただきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・そもそも芸能界はどんなところなのか?
・芸能活動を勘違いしている人とは?
・日本のドラマの質の低下の理由とは?

「役者になりたい」のか「テレビタレントになりたい」のか・・

「役者になりたい」

そう思ってこの業界を目指す方は少なくありません。

しかし、ここで大きな勘違いをしている方がたくさんいるのをご存知ですか?

ほとんどの方が、役者というのは「テレビに出ること」だと思っているのです。

スポンサードリンク

芸能を勘違いしている方が多い件

そもそも、芸能界ってどんなところだと思いますか?

答えは「表現をする世界」です。

決して「有名になるところ」ではありません。

ここを勘違いしてしまっては、芸能界に飛び込んだところで目標を見失ってしまうだけです。

芸能界は「表現」をすることろ
「有名」になるところではない

「芸能=テレビに出たい」になっている

テレビに出ているタレントは、周りからチヤホヤされ楽しい生活を送っている。

なんて印象が強いでしょう。

しかし、あの人たちはそこに至るまでに「相当の努力」を重ねてきています。

一流の役者であったり、一流の芸人であったり、一流の歌手であったりします。

ただテレビに出て面白いことを喋っているわけではありません。

「有名」というのは、努力の先の〝結果〟なのです。

「ミーハーな考え」は捨てた方がいい

芸能を目指すなら「有名になりたい」と思っている方はたくさんいるでしょう。

僕も昔はそうでした。(今はまったく無いですが・・)

「有名になること」ばかりを追いかけ続けていると、肝心の「表現者としての商品価値」は身につきません。

そして「全然テレビに出れない・・」と諦め、芸能界を去っっていく。

こんな方をたくさん見てきました。

芸能界を目指すなら「ミーハーな考え」を捨て、自分は〈表現者〉であるということを認識した方がいいですね。

「テレビタレント」は何を以ってテレビに出ているのか?

「テレビタレント」と呼ばれる方たちが、何を以ってテレビに出ているか考えたことはありますか?

さっきも言いましたが、あの人たちは「容姿がいいから」とか「トークが上手いから」という理由でテレビに出ているわけではありません。

みんなそれぞれが様々なジャンルで活躍し、その結果として「タレント」としてテレビの中で活動しているのです。

それぞれが何かしらに〈特化〉している

芸能界には多くのジャンルで活躍する人たちがいます。

・役者
・芸人
・歌手
・ダンサー
・モデル
・スポーツ選手

などなど。

人が表現をする場が多様にあるように、芸能人と呼ばれる人たちも多くの活動場所があるのです。

「タレント」とは何かしらに〈特化〉しているのです。

スポンサードリンク

「何もない」では仕事はない

逆に、「何もない」「何も出来ない」では到底テレビに出ることなんか出来ません。

当たり前のことですよね。

「芸能プロダクションに所属すればテレビに出られる」と思っている方がいますが、それも大きな間違いなのです。

芸能プロダクションはあくまできっかけを与える場であって、そこから先は自分自身がチャンスを掴んでいかなくてはいけないのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 あなたの芸能活動、待っているだけの「受け身」になっていませんか? 事務所(プロダクション)に所属してるんだから、事務所からの仕事を待つのが当たり前でしょ? はい、こんな風に思ってしまってい[…]

「テレビタレント」になるにはどうすればいいかを考える

「テレビタレントになる」という目標を抱えている方、決して悪いことではありません。

正しい意味を理解していれば、そこに向かって正しい努力をすればいいのですから。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 これまで多くの「芸能界を目指したい」という方に会ってきました。 その中で、〝芸能界への目標〟を尋ねるとこんな答えが返ってくる子がいます。 テレビタレントになってバラエティ番組で活躍した[…]

「テレビタレント」というゴールを決め、そこに至るまでに「自分はどうすればいいのか」を考えてください。

ただ漠然と「テレビに出たい」では、その目標は叶いません。

日本のドラマは「役者」ではなく「タレント」を起用

最後に、日本のドラマ業界の本音をお話しますね。

というのも、みなさんは日本のドラマが面白いと思いますか?

かなりぶっちゃけた質問です。

僕は正直、見る気も起きません。

・起用しているタレントは同じ顔ぶればかり
・物語は何がしたいのか分からない
・タレントの顔ばかり映しているだけ

海外ドラマを観ていると、日本の作品がいかに「質が低い」かが分かります。

出演者、視聴者側も質が低下している

制作側や出演者が悪いわけではありません。

僕は、日本のドラマの質の低さは「視聴者側にも原因がある」と思っています。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 突然ですがみなさん、最近のテレビドラマって面白いと思いますか? もちろん中には人々の共感を集め、面白いと認知される作品があります。 しかし今の日本のテレビ業界はみるみる衰退していく一方です。 […]

いわゆる「顔がいいタレント」を起用しておけば、視聴者は喜んでその作品を観てくれる。

と思われてしまっているからです。

もちろん全員ではありませんが、「作品を観る」というよりも「タレントを見る」になってしまっているんですよね。

「顔がいい」も才能だが・・

「顔がいい」というのも才能です。

スタイルや容姿というのは、生まれ持ったものでもありますからね。

しかし「かっこいい」「かわいい」と言われて育ってきた人が、「おれは芸能人になれるんだ」と意気込んで芸能界に飛び込んでも、業界のリアルを知った時に絶望してしまうんですよ。

「見た目だけじゃムリだ」ということに・・。

もう一度、芸能の道を考えてみてごらん

芸能界についての現実を散々言ってきましたが、何もみなさんを蹴落とそうとしているわけではありません。

むしろ、芸能界で失敗して欲しくないのです。

こうして僕がブログを通して、芸能界の本音を伝えることで一人でもたくさんの方に活躍して欲しいのです。

今一度、自分の目指している「芸能の道」を考えてみてください。

【まとめ】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『「役者になりたい」のか「テレビタレントになりたい」のか・・』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!