注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

〈芸能活動〉言い訳をウダウダ言う前に、とにかく場数を踏め〜

こんにちは、ひらきです。

「芸能活動がなかなかうまくいかない…」

そんな悩みを持っている方・・

「でも…」「だって…」が口癖になっていませんか?

芸能活動は、頭で考えるよりもとにかく行動した方が結果を出せるのです。

この記事では『〈芸能活動〉言い訳をウダウダ言う前に、とにかく場数を踏め〜』というテーマで、現場経験を積んでいく大切さをお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・ウダウダ言うことのデメリット
・動かないことで生じる後悔
・挑戦を繰り返すことで見える景色

〈芸能活動〉言い訳をウダウダ言う前に、とにかく場数を踏め〜

結論を言います。

「悩むんだったらとにかく動け!」

と、これだけでは話が終わってしまうのでもう少し続けますね。

芸能界に限らずのことですが、挑戦なしに得られるものなどありません。

「失敗が怖い」とか「もう少し成長してから」とか、そもそも場数を踏まないと成長は出来ませんよね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指している方、そのほとんどが芸能活動だけで食べることができていません。 僕なりに「どうしてなのか?」を考えたときに、こんな結論にたどり着きました。 ◇ ◇ 〈挑戦の数が圧倒的[…]

スポンサードリンク

何もしなければ時間ばかりが過ぎていく

ちょっと失礼な言い方になってしまいますが、例を出しますね。

みなさんの周りに「芸歴は長いけど、特に何も成し遂げていない人」いませんか?

芸能活動の現場で、やたらと芸歴自慢ばかりするけれど、大した実績もなく結果を残していない方です。
(失礼な言い方、すみません)

もちろんそれぞれに理由はありますが、〈受け身〉ばかりで自分から行動しないようでは歳ばかりを重ねてしまうのです。

「やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がいい」

なんてよく言いいますが、まさにその通り。

「若い時、体が動くときにもっと〇〇しておけばよかった」なんて言う方とたくさん会ってきましたよ。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 あなたの芸能活動、待っているだけの「受け身」になっていませんか? 事務所(プロダクション)に所属してるんだから、事務所からの仕事を待つのが当たり前でしょ? はい、こんな風に思ってしまってい[…]

「やりたいこと」があるのに動かないのは勿体無い

芸能活動をしている以上、少なからず自分の「やりたいこと」があるはずです。

逆に、「やりたいこと」がないのに芸能活動をしている人はちょっと意味が分かりませんよ。

例えば

・オリジナルの曲を出してみたい
・バンドを組んでみたい
・自分で脚本を書いてみたい
・イベントをプロデュースしたい
・ダンス教室をやってみたい

などなど、芸能活動は無限大です。

なにも「事務所から与えられた仕事をこなす」だけではないのです。

特に今はSNSの普及により〝個〟の力が強くなっています。

僕は自分のブログ内で何度も〈セルフプロデュース〉を呼びかけてきているのは、現にプロダクション(事務所)の力がどんどん弱まりつつあるのを実感しているのと、個人がどんどんビジネス思考を持って芸能活動している環境を目にしているからです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

場数を踏まないと成長はしない

さっきもチラッと言いましたが、そもそも「場数を踏まないと成長しない」ですよね。

それなのに「もっと準備が整ってからー」とか「失敗したくないー」とか。

この記事で言いたいのは「ウダウダ言ってないで、とっとと動け」なんですよ。

僕自身、「30歳になったら起業する、それまでは勉強と下積み」と決めて30歳になったときに今の会社を起業しましたが、今となって思うのは「20代のうちにとっとと起業しておけば良かった・・」ということです。

実際に動き出しちゃった方が多くの経験が積めますし、その分早く〝成果〟が出るようになります。

「失敗が怖い」という気持ちも分かりますが、ぶっちゃけ失敗を経験していかないと成長はしません。

どうしても失敗せずに成果だけを残していきたいのであれば、プロダクション(事務所)から与えられる案件だけをちょっとずつやっていくといいでしょうね。

確実に言えることは、それでは「その他大勢」とやっていることは変わらないということです。

一歩前進して成果を出している方達は、その分たくさんの失敗・挫折を経験し、場数を踏んできているのです。

がむしゃらに挑戦を繰り返すことで見える景色

偉そうなことを言っていますが、僕だって20代の頃はウダウダとしょうもないことばかり並べて動かないことがほとんどでした。

「時間がないから・・」

「まだ早すぎるよ・・」

「お金がかかるし・・」

ネガティブな言葉ばかりを言って、結局チャンスをたくさん逃してきちゃったんですよね。

「とにかく動こう!」を意識し始めたのは30代に入ってからです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 いきなりですが・・〈人生は30代で9割決まる〉なんて言われています。 芸能活動も同じです。 20代のうちはアルバイトしながら舞台に出演したりオーディションを受けたりと、その繰り返しでも良かったかも[…]

周りはあなたの失敗を気にしない

行動できない大きな理由の一つは「失敗が怖い」ではないでしょうか。

でもね、よほどの大きな大失敗でない限り、周りの人は他人の失敗など全く気にしませんよ。

こんな言い方すると誤解を招きますが、周りの人って想像以上に自分に興味関心がないのです。

だから思う存分にやりたいことをやった方がいいのです。

芸能界に限らずですが、ビジネスで成功を収めている人たちはとにかく挑戦を繰り返し、その分たくさんの失敗を積み重ねています。

失敗するからこそ、学べることってたくさんあるんですよね。

「やらなきゃよかった」なんてものはない

どんな経験も「やってよかった」なんですよ、実際。

失敗して失うものはあっても、それ以上に得られるものはたくさんあります。

たとえその事業で大失敗し、借金を何千億背負おうが大切な仲間が離れていこうが「生きているだけで丸儲け」なのですよ。

断言します。

たくさん挑戦し、たくさん失敗し、たくさん苦しんだ方が人生楽しいですよ。

そんなあなたを周りは応援してくれます。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『〈芸能活動〉言い訳をウダウダ言う前に、とにかく場数を踏め〜』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!