注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

役者はどうやって生活している?売れなければ生活は出来ないのか?

こんにちは、ひらきです。

多くの人が夢を追いかける芸能の世界。

しかしその道は非常に狭く、過酷です。

多くの人がなかなか仕事がもらえない上に、大した収入も得られないので生活することすら困難を強いられます。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは役者の〈収入〉がどのくらいなのか、どんな仕組みで支払われているのかご存知でしょうか? 芸能界を目指す者、特に役者を目指す人たちは一度は気になったことがありますよね。 いわ[…]

では役者たちは「どうやって生活している」のでしょうか?

この記事では『役者はどうやって生活している?売れなければ生活は出来ないのか?』というテーマでお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・役者はどうやって生活しているのか?
・収入と支出の根本的な考え方とは?
・芸能界で大成するためにはどうしたら?

役者はどうやって生活している?売れなければ生活は出来ないのか?

結論を言いますと、役者として売れなくても生活できている人はたくさん居ます。

・自分でビジネスをしている
・資産を投資に費やしている
・他の仕事(副業)をしている

などなど。

芸能活動に時間を費やしながらも、自由に生活している多くの方はこんな感じです。

僕もです。

要するに、勉強と考え方次第で〝生活費〟というのは何とでもなるのです。

スポンサードリンク

役者として「売れる」の定義は?

そもそも、役者として「売れる」の定義は何なのでしょうか?

有名になること?

その考え方も間違ってはいないでしょう。

確かに有名になれば影響力も身につき、仕事は増えます。

しかし、「売れる=有名になる」と思ってしまっている人は芸能界という道のりを途中で挫折します。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

多くの人は〝アルバイト〟で消耗している

自分の夢や目標に向かって頑張っている人、僕は尊敬しています。

しかしその大半の人たちは〝アルバイト〟で生計を立てています。

決してアルバイト生活が悪いというわけではありませんが、消費する時間と労力を考えたら非常に効率の良くないことをしているのです。

Amazon
形式:Kindle版(電子書籍)
480円にて販売中

自分の生活のお金の流れを理解する

売れるまでは貧乏生活を覚悟する。

なんて思ってしまっているから、「売れない役者=貧乏」が認知されてしまっているのです。

先ほども言ったように、生活費を稼ぐ手段というのはいくらでもあります。

みんなその方法を知らないのです。

売れない役者同士が集まっても、結局は売れないまま時間だけが過ぎていく、そこを理解しないと生活は一向に楽にはなりません。

収入と支出を計算していますか?

毎月どのくらいの収入があり、自分の生活費がどれくらいかかっているか計算したことありますか?

「お金がない」「生活がギリギリ」

これが口癖になっている人は、大抵自分の生活費がどのように動いているか分かっていません。

毎月の収入がどれくらいあるかは大体分かっていても、家賃や食費、雑費など、毎月の支出がどうなっているのか理解していない人がほとんどなのです。

役者としていくら稼げば安心できる?

自分の生活費の流れが分かっていないということは、つまり「役者としていくら稼げるようになれば生活が出来る」が分かっていないのです。

10万円稼げば生活できる人もいれば、50万円稼いでも生活が苦しい人もいる。

自分がいくら稼げば生活ができるようになるのか、まずはそこから理解するようにしましょう。

スポンサードリンク

その上で、役者としての収入を考える

そもそも、役者としての収入ってどのくらいか知っていますか?

ぶっちゃけ、毎日のように安定して仕事がないとそれだけで生活するなどかなり至難です。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは役者の〈収入〉がどのくらいなのか、どんな仕組みで支払われているのかご存知でしょうか? 芸能界を目指す者、特に役者を目指す人たちは一度は気になったことがありますよね。 いわ[…]

言葉では簡単に「役者として生活していきたい」と語れますが、相当のキャリアを積んだ人でも役者〝だけ〟で生活していくことは困難なのです。

現実をしっかり理解し、「じゃあどうすればいいか」を考えることも芸能界を渡っていくための一つのテクニックなのです。

周りと同じことをしていては、いつまで経っても変わることは出来ない

長く芸能活動を続けていけば、いつか花が咲く。

なんてのはただの現実逃避です。

根拠のない継続活動なんてのは時間の無駄なだけです。

「周りがアルバイト生活しているから、自分もアルバイト生活が当たり前」

なんて思っていては、その環境を変えることなど絶対に出来ません。

嫌われる勇気

アドラー心理学で、「嫌われる勇気」という本がベストセラーになりましたね。

どうも日本人は「周りに合わせる」ことを好み、「周りと違うことをする」ことから目を背ける傾向があります。

芸能界は「自分の個性を表現する場」です。
周りからどんな目で見られようが、自分の表現を貫き通すこと。
これが芸能界で成功するための原理・原則です。

絶対に〈受け身〉にならないこと

本気で芸能界で大成したいのであれば、絶対に〈受け身〉にならないことです。
「事務所に所属したから安心」「マネージャーが仕事をもらってくるまで待つ」
こんな考え方を持っている人は、最終的に仕事がもらえないことを誰かのせいにして辞めていってしまいます。
一昔前なら「役者は待つことも仕事」と言われていましたが、これだけITが進化している今の時代、グイグイ自分から行動していかなければあっという間に時間の無駄になってしまいます。
役者として生活していきたいのであれば、自分から考え行動していきましょう。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 あなたの芸能活動、待っているだけの「受け身」になっていませんか? 事務所(プロダクション)に所属してるんだから、事務所からの仕事を待つのが当たり前でしょ? はい、こんな風に思ってしまってい[…]

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『役者はどうやって生活している?売れなければ生活は出来ないのか?』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!