注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

「ボーッとするな」周囲への自己アピールも芸能活動の一環

こんにちは、ひらきです。

今回もちょっち厳しい内容でツッコんでいきます。

↓まずはこちらの記事を。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 あなたの芸能活動、待っているだけの「受け身」になっていませんか? 事務所(プロダクション)に所属してるんだから、事務所からの仕事を待つのが当たり前でしょ? はい、こんな風に思ってしまってい[…]

この記事では『「ボーッとするな」周囲への自己アピールも芸能活動の一環』というテーマでお話していきます。

自己アピールが苦手な方、コミュニケーションが苦手な方、ぜひ最後まで読んでみてください。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ「自己アピール」が大事なの?
・どうすれば自分をアピールできる?
・仕事をもらうための精神とは?

「ボーッとするな」周囲への自己アピールも芸能活動の一環

結論を言いますと、芸能活動は「受け身の姿勢」では仕事は広がっていかない。

ということです。

どんな現場でもボーッとしてたらチャンスを逃してしまうということですね。

「私は人見知りなんで〜」

「目の前の仕事だけこなせばいいでしょ」

いやいや、じゃあどうやって次の仕事に繋げていくの?

スポンサードリンク

事務所に所属すれば安心、これは大間違い

「事務所に所属すれば仕事もらってきてくれるでしょ」

これは大きな間違いです。

ただ待っているだけ、自分のアピールは一切しない、このような所属タレントを一体誰が営業するのでしょうか。

芸能事務所というのは、そのタレントに〈商品価値〉が無ければ売り出すことは出来ません。

「所属したから安心」ではなく、所属してからがスタートなのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 「これから芸能活動をしていきたい」という方にはぜひ読んでいただきたい記事になります。 質問です。 芸能プロダクションに所属しただけで安心してはいませんか? どういうこと? 芸能プロ[…]

自己アピールしなければ印象には残らない

ドラマ・映画のような映像作品から、舞台作品まで芸能活動は幅広い分野があります。

時には大人数の出演者と共演することもあります。

が、自分の殻に閉じこもって一部の人としかコミュニケーションがとれないようでは周囲の人たちに印象が残りません。

僕自身、どんな現場だろうと初めての現場だろうと「周囲に印象付ける自信」があります。

先輩だろうと後輩だろうと、隔たりなくコミュニケーションをとることで、そこから次の仕事をいただいたり食事に誘ってもらったりします。

自己アピールの苦手な人は、周りから「え、そんな子いたっけ?」なんて名前すら覚えてもらえないこともあるのです。

セルフプロデュースの精神

このブログサイトでも何度も言っていますが、僕はこれからの芸能界は〈セルフプロデュース〉が非常に重要になってくると確信しています。

いや、すでにもうなっています。

SNS文化がこれだけ発展し、もはや発信活動をしていないというだけで時代の波に乗り遅れているような感覚になってしまいますよね。

芸能活動しているなら尚更です。

この「ひらきblog」もそうですが、何かを発信することで〝あなた自身〟を知ってもらう機会が増えるのです。

TwitterでもInstagramでもTikTokでも、手軽に発信できるツールは山ほどあるのですから、それらを利用してどんどん自己アピールしていきましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

現場そのものをオーディションだと思って

どんな現場においても、常に誰かに評価されていると思った方がいいですよ。

「あの子は楽しそうに仕事しているな」

「あの子からはやる気を感じないな」

周りからの評価は、思っている以上に周囲に浸透してしまいます。

悪印象は特にです。

つまり撮影でも稽古でも、現場にいる以上は気を抜いてはいけない環境なのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 「長年のキャリアがあるのに、なかなか芸能界で前進できない・・」 こんな風な悩みを持っている方、少なくないですよね。 原因はいくつもありますが、「チャンスをつかめない」というのが大きな要因の一つかも[…]

どんな〈自己アピール〉をしていけばいい?

「じゃあ自己アピールって何すればいいのさ」

そんなに難しく考える必要はないんですよ、とにかく現場の周囲の人たちに溶け込むのです。

それだけでも十分に自分の存在感は出ます。

スポンサードリンク

とにかくコミュニケーションが大事

特殊な芸能という現場で、変な人たち(笑)の多い現場では、若い子は特に萎縮してしまいます。

それでも率先して何かを話すようにすれば、それをしっかり受け止めてくれます。

話しかけてくれれば誰だって嬉しいですし、先輩方はそれを可愛がってくれます。

相手に媚びるのではなく、あくまでコミュニケーションでその現場を楽しむように心がけるのです。

「おれに話しかけるな」なんて厨二みたいな人はいませんから。

さりげなく自分の持っているスキルを披露

芸能活動はスキル(特技)がなければ仕事はもらえません。

演技力や歌唱力、アクションスキルやダンススキルなどなど。

お客様に〈表現〉を届けるには、日頃から自分のスキルを磨いていくのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは芸能界ってどんな業界だと思っていますか? え、テレビに出て有名になるところじゃないの? はい、ブブーです。 こんな風に芸能活動を勘違いしてしまっている方、ぜひ最後までお読み[…]

何かしらのスキルがあれば、それをさりげなく現場で披露してみてください。

例えば〈バク転〉に自信があるのであれば、それを休憩時間にやってみるとか。

周りにそれをアピールすれば「お、この子はアクロバットが出来るのかな?次のアクションの現場に連れていってみようかな」と、興味を持ってくれるようになります。

僕の現場では以前、そこにあるグランドピアノで演奏し始める若手もいましたね。

「あ、この子は音楽が出来るんだ」という印象になれば、ミュージカル企画に出てもらいたくなりますよね。

自分がどんなことが出来るのか、これを周囲に知ってもらうってすごく大事なのです。

ただし、スキルの披露は現場の空気を読みながら、笑。

元気に率先して動く

「まだスキルなんて何もない…」

大丈夫です、とにかく〈元気〉があればそれだけで周りに印象が与えられますから。

大きな声で明るく元気よく。

まるで小学生の挨拶ですが、これがものすごく周囲に好印象を与えます。

誰にでも出来ることですが、意外と出来ていない方が多いんですよね。

これは若手・キャリアに限らず、どんな方でも言えることです。

何事にも元気に行動していれば、必ず次に繋がるチャンスがやってきます。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『「ボーッとするな」周囲への自己アピールも芸能活動の一環』というテーマでお話させていただきました。

周囲への自己アピール、これはこれからの芸能活動への〝種まき〟だと思ってください。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!