注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

これからの芸能界は自分で自分をプロデュースする時代です!

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。

いま、時代は激しく変化しています。

芸能界も同様に、古い常識や価値観が淘汰され新しく生まれ変わろうとしています。

そんな中で、僕が推奨しているのが『自分で自分をプロデュースすること』です。

・これからの芸能界はどうなっていくんだろう
・芸能界で生き残っていくにはどうしたらいいんだろう
・自分でプロデュースってどういうこと?

こんな疑問にお答えしていきます。

これからの芸能界は自分で自分をプロデュースする時代です!

僕のブログ記事では度々『セルフプロデュース』についてお話させていただいています。

つまり〝自分で自分をプロデュースすること〟です。

「え、どういうことか全然わからない」

はい、こんな方に向けて順番に解説していきます。

スポンサードリンク

なぜ自分でプロデュースしなくてはいけないのか

なぜ自分でプロデュースをしなくてはいけないのでしょう。

一昔前の芸能界というのは、芸能を目指すタレントは芸能プロダクションに所属して教育・営業の元、テレビ局や制作会社に売り出されて世間に認知されていくのが常識とされていました。

しかし、ここ数年でメディア露出に対する価値観が大きく変化していきています。

全てとは言い切れませんが、クライアント側がタレント側に求めるものが【芸能プロダクションの影響力<個人の影響力】になっているのです。

プロダクションの力よりも個人の力を求めているからです

世間はいま、プロダクションの力よりも個人の力を求めています。

「個人の力=プロダクションの力になるんじゃないの?」

なんてツッコまれそうですが、確かに言っていることは分かります。

プロダクションの教育があるからタレントは成長していきます。

けれど考えてみてください。

大手のプロダクションから〝コネ〟でTVに出演しているタレントと、無名のプロダクション所属でも多くの人に影響力を与えるようなタレント。

どちらを応援したくなりますか。

SNSの普及

芸能活動するならSNSの運用はマストです。

というのも、今の芸能界がタレントに求めているのは〝影響力〟です。

企業案件の多くが、最近ではオーディション内容で『SNSのフォロワー数』を聞いてきます。
そしてSNS界で〝インフルエンサー〟と呼ばれる方々はフォロワー数が多いという理由で仕事がもらえます。

タレントも然りです。

フォロワー数が多ければそれだけ仕事に繋がるチャンスが増えてきます。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

YouTubeへの進出

中でも2018年くらいからのYouTubeの普及は勢いを増しています。

多くの芸能人がYouTubeの世界に進出し、ほんの数日でチャンネル登録者数が数十万〜数百万に達成していますからね。

これは個人での発信でも、いかに影響力を与えられるかが分かります。

芸能プロダクションに所属する→教育&営業される→売り出される→メディア露出

なんて回りくどいやり方では何年先に結果が現れるか分かりません。

個人で発信&メディア露出→ファン獲得→影響力獲得

こんなやり方でタレント活動する人が増えているのです。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 ここ数年、世間から「テレビ離れ」がどんどん深刻化してきています。 先日、このようなツイートをしました。 【テレビ業界の衰退】は どんどん加速しているように感じる &[…]

芸能活動も所詮は〈ビジネス〉だという認識

そもそも芸能活動というのは〈ビジネス〉だということを理解しないと、絶対に芸能界で成功することはありません。

「テレビに出て有名になりたい」「好きなことやって遊んで暮らしたい」このような甘い考えは捨てるようにしましょう。

芸能活動の中で考えることは常にこのようなことです。

・どうやって稼ぐか
・どうやってファンを増やすか
・どうやって面白い作品を作るか

自分のやりたいことばかり追求するようなら、それは〝趣味〟と呼ばれるものです。

スポンサードリンク

意識するべきは〈影響力〉です!

先ほどから何度も言っている〈影響力〉という言葉。

ぶっちゃけ芸能界ってこれが一番重要だと僕は感じています。

というか全てのビジネスにおいて、影響力がなければ何も成し得ることはできないと思っています。

どんなに容姿が良くても、どんなに素晴らしいスキルを持っていても、世間に与える影響力がなければ何の意味もありません。

その影響力を身につけるための『セルフプロデュース』であり、そのためのSNSの発信活動になってくるのです。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 僕はビジネスを成功させたいなら圧倒的な【影響力】が必要不可欠だと思っています。 むしろ【影響力】がないと事業は成功できません。そして影響力を身につけるには〝信用〟を構築するこ[…]

では芸能プロダクションは必要ないのか?

自分で自分をプロデュースすることが大事なら、芸能プロダクションに所属する必要ってないの?

答えは〝NO〟です。

フリーで活躍するタレントも年々増えてきていますが、いまの芸能界の環境では個人での活動には限界があるのが正直な意見です。

というのも、多くのクライアントはそのタレントの影響力の他に〈信用力〉もチェックするからです。

個人と企業での〈信用力〉の差は大きい

芸能プロダクションに所属しているタレントと、個人で活躍しているタレントの大きな差の一つが〈信用力〉です。

芸能プロダクションに所属していれば、その後ろ盾に企業が入ってくるわけですから業務を委託するクライアント側も安心して依頼することができます。

逆に、個人で活動しているタレントは責任を負う能力がありません。

なにか不祥事が起きたとき、しっかり問題解決してくれるための〈信用力〉が今の芸能界の環境では〝まだ〟必要になってくるのです。

個人での活動範囲には限界がある

特にドラマや映画のような映像案件、歌やダンスのようなアーティスト活動の案件では〈芸能プロダクションに所属していること〉が必須になっていることが多いです。

フリーとして個人で活動するにはどうしても〝所属〟という壁が立ちはだかります。

「プロダクションに所属しながらも、個人で活動範囲を広げていく」

このやり方が理想の形になっているのではないでしょうか。

所属したからといって〝受け身〟にならないように

なので、プロダクションに所属しただけではこれからの芸能界では生きていくことが難しくなります。

芸能活動の失敗例として「芸能プロダクションに所属しただけで安心してしまうこと」なんてものがあげられます。

決して〝受け身〟にならず、自分から率先して行動していくことが芸能活動では求められるようになります。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 役者活動をしながら芸能プロダクションを経営している僕が、間違った芸能活動を指摘する【勘違い】シリーズ第2段です。 今回は『【勘違い】芸能事務所は「待っているだけ」では売り出し[…]

スポンサードリンク

これからに向けて〝今〟どうするべきなのか

今はまだ完全フリーの活動は難しいですが、個人の影響力が芸能界で重要になってくるときが必ずやってきます。

ではそのためには〝今〟どうするべきなのでしょうか。

これを3つに絞ってアドバイスしていきます。

①とにかく勉強すること

とにかく勉強してください。

芸能界を目指すなら表現力の勉強やファン獲得の方法などを学ぶことはもちろんですが、最新のトレンド情報や経済の動きも学ぶようにしましょう。

そうすることで芸能活動の見方も変わってきます。

また、ビジネス本や自己啓発本で自分の目標に対するマインドを高めることもおすすめします。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

②とにかく挑戦すること

とにかく多くのことに挑戦するようにしてください。

少しでも「こんなことやってみようかな・・」なんて思ったら即行動する癖を身につけましょう。

どんな些細なことでも、多くのことを経験していけば個人の力は養われていきます。

「失敗が怖いから100%の準備が整ってから挑戦する」

これは違います。

失敗しないと人は成長しません。

失敗を恐れて行動しないパターンが一番の失敗です。

③とにかく時代の流れを感じること

いま世の中がどのように変化をしているのか、時代がどのように変わっていくのかを感じるようにしましょう。

古い価値観は成長には絶対に繋がりません。

世の中の変化についても勉強するようにしましょう。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事では『これからの芸能界は自分で自分をプロデュースする時代です!』というテーマでお話させていただきました。

これからの芸能活動は「個人での影響力を高めつつ、芸能プロダクションを利用して活動範囲を広げていく」というやり方が主流になってきます。

〝自分を高める〟

これが自分で自分をプロデュースするということなのです。

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!