注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「謙虚」そして「素直」こそが芸能活動を継続させるコツ!

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

芸能界で活動を継続させていくのは本当に大変です。

さらには「悪い噂」が一度でも流れてしまったら、尾ヒレがついてあっという間に広がってしまいます。

では、そうならない為に芸能活動を平和に継続させていくにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は『「謙虚」そして「素直」こそが芸能活動を継続させるコツ!』というテーマでお話させていただきます。

芸能活動において仕事がなかなか繋がっていかない方、ぜひ最後までお読みください。

・「謙虚」と「素直」を身につけるには?
・芸能界でチャンスを拾っていくには?
・仕事を繋いでいく考え方とはどんなこと?

「謙虚」そして「素直」こそが芸能活動を継続させるコツ!

結論を言いますね。

芸能活動を継続していく〝コツ〟は「素直」と「謙虚」です。

これは芸能界以外でも同じことが言えますね。

「素直」であり「謙虚」であれば、結果として多くのチャンスに恵まれていくのです。

スポンサードリンク

「謙虚」に誰にでも振る舞う対応を

ドラマや映画、舞台といった現場で、いきなり「オラオラ〜」みたいな態度をしている人なんていませんよね。

誰でも最初は物腰が低く、丁寧に挨拶を交わしていきます。

そう、「謙虚」というのは一般常識なのです。

年齢や芸歴で判断してはダメ

しかし、中には年齢や芸歴で相手を判断し、すぐに馴れ馴れしい態度をとってしまう方がいます。

・年齢が自分より若いというだけでタメ口
・芸歴が短いというだけで見下した態度

これらは絶対にNGです。

どんな相手であろうと、同じ現場で仕事をするならば「対等な立場」で物事を判断していかなければいけないのです。

多くの方はここを勘違いしてしまいます。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

むやみに目立とうとしないこと

「芸能界は前に出ていく積極性が大事!」

こんな風に言われて教育されてきた方、多いのではないでしょうか?

確かに間違ってはいません。
どんな仕事でも積極性を見せていかないと、あなた自身を評価されることはないのですから。

しかし、謙虚さを持っていなかったら〝悪目立ち〟してしまうだけです。

むやみに目立つのではなく、空気を読みましょう。

「素直」に何でも受け入れられる姿勢を

何事も「はい、分かりました」と答える素直さを持つことは本当に大切です。

いくら自分がそこそこ長いキャリアを積んでいて、芸能に対するある程度の考え方を持っていたとしても、その現場で決定権があるのは監督やプロデューサーなのです。

・自分はこれに対してこう思う
・ここはこうするのが当たり前

演出等に〝提案〟するのはいいかもしれませんが、自分の意見を〝押し通す〟のは絶対に辞めておきましょう。

自分の意見を押し通すのはダメ

自分の意見を押し通してしまうと、その場を乗り切っても〝次〟に繋がることはまずありません。

というか周りからの評価が下がってしまうだけです。

芸能界は納得いかないことが多々あります。

素直に、時には我慢をすることも大事なんですよね。

スポンサードリンク

「はい、わかりました」を口癖に

何度も言いますが、どんな現場でも口癖は「はい、わかりました」にしましょう。

プロデュースする立場からすると、「素直な方」というのは非常に使いやすいのです。

「使う」という言葉は不適切かもしれませんが、いわゆるキャスティングのことですね。

プロデュース側に気に入ってもらえれば、芸能の仕事は増えていくのです。

「何がなんでも生き残る」にチャンスは来る

ここからは芸能活動を継続していくための「チャンスの拾い方」についてお話していきます。

みなさんの周りに、長年芸能活動を続けている方ってどのくらいいますか?

多くの方が20代後半〜30代前半にかけて芸能界を引退していきます。

というのも、「食べていけないから」です。

・間違ったやり方をしている
・チャンスを逃している
・芸能界の仕組みを理解していない

様々な理由がありますが、共通して言えることは「何がなんでも生き残る」と考えている人のところに〝チャンスは来る〟ということです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

やりたいことばかりでは仕事の幅は広がらない

仕事を選んだり、やりたいことばかりしていませんか?

それでは仕事の幅は広がりません。

当たり前のことですよね。

・この人とは一緒に仕事をしたくない
・この作品は好きじゃない、合わない
・面白くないからやる気が出ない

こんなことを呟くのは、仕事を選べる立場になってからにしてください。

まだ「売れていない」のであれば、がむしゃらに何でもこなしていくようにしましょう。

芸能活動のほとんどは「耐える」こと

芸能界は〝我慢〟の連続です。

なのに多くの方は「耐える」ことに我慢が出来なくなり、芸能界を辞めていってしまうのです。

「あと少し我慢すればチャンスが来たかもしれないのに」

こんな方をたくさん見てきました。

かといって、無理に続ける業界でもありませんけどね。

自分の置かれている環境を常に考える

では最後に、芸能界で生きていくための「考え方」をお話していきますね。

一番大事なのは「自分の置かれている環境を常に考えること」です。

・なぜ仕事が増えないのか
・なぜお客様が来ないのか
・今いる事務所でいいのか
・自分は何がしたいのか

ただ漠然と活動するだけで、芸能界で食べていけるようになったら誰も苦労はしません。

常に「なぜ」「何をする」を考えるべきなのです。

一つ一つの現場を丁寧にこなす

どんなお仕事でも、一つ一つの現場を丁寧にこなしてください。

「謙虚」と「素直」を守っていれば難しいことではありません。

そうすることで、チャンスに繋がり次に繋がります。

ただし、常に考えながらその仕事に挑むのです。

・監督は何を求めているのか
・この現場では何が吸収できるのか
・どうすれば次に繋がるのか

その環境で自分が何をするべきか、とにかく考え続けるのです。

〝次〟に繋げることを考える

何度も何度も言いますね。

芸能活動は〝次〟が大事なのです。

何もないゼロの状態から、芸能の仕事をもらうことはほぼ不可能と言っていいでしょう。

ではどうしたらいいか。

その現場から新しい仕事をもらえるようにしていけばいいのです。

それには「素直」と「謙虚」が本当に大事になってくるんですよね。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『「謙虚」そして「素直」こそが芸能活動を継続させるコツ!』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!