注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「挨拶は当たり前」芸能界は売れている人ほど頭を下げれて礼儀正しい

こんにちは、ひらきです。

芸能界で「売れる」ためには、自分自身の価値を常に高める必要があります。

しかしそれ以上に大切なことは〝挨拶〟です。

いかにその人の技術が優れていようと、〝挨拶〟が出来ないというだけで芸能界では居場所が無くなってしまいます。

今回は『「挨拶は当たり前」芸能界は売れている人ほど頭を下げれて礼儀正しい』というテーマで、芸能活動においての〝挨拶〟と〝態度〟についてお話させていただきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・礼儀正しい人とはどんな人?
・態度の悪い人の特徴とは?
・どんな努力が必要なのか?

「挨拶は当たり前」芸能界は売れている人ほど頭を下げれて礼儀正しい

どんな環境でも、現場の始まりは〝挨拶〟から始まります。

これは芸能界に限らずどの職種でも同じはずです。

「挨拶ができない」というだけで、周りからの印象は一気に最底辺まで落ちていってしまうのです・・。

スポンサードリンク

「売れてる人」は素直に応じ、謙虚な態度

「売れている人」に共通して言えることは、〝素直〟であり〝謙虚〟であるということです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界で活動を継続させていくのは本当に大変です。 さらには「悪い噂」が一度でも流れてしまったら、尾ヒレがついてあっという間に広がってしまいます。 では、そうならない為に芸能活動を平和に継続させていくに[…]

↑こちらの記事でも詳しくお話していますが、少しでも驕(おご)ってしまったり自惚れた態度をとってしまうような人は、遅かれ早かれ必ず芸能界での仕事は無くなってしまうということです。

どんな現場でも、どんな人にでも「謙虚な態度」をとり、「はい、分かりました」と素直な対応を見せることが大事なのです。

感謝と礼儀を意識する

芸能界を目指し始めたばかりの方は、右も左も分からないのでとにかく慎重に、周りとの対応を丁寧にこなします。

しかし、芸能活動の経歴が長くなっていくにつれて礼儀や態度が横柄になってしまう方がいます。

残念ですよね。

今この環境にいることへの感謝と、周りの方々への礼儀を意識するだけで次もその次も現場に呼んでいただけるようになります。

「売れている人ほど頭を下げることが出来る」とはこういったことなのです。

「態度が悪い」は見ていて悲しい・・

「態度が悪い人は仕事がもらえない」これも当たり前のことですよね。

ここからは「態度が悪い人」についてお話していきます。

態度が悪い人の特徴

「態度が悪い人」とはどんな特徴なのか。

僕自身、役者業と同時にドラマ制作スタッフとしても現場に携わっています。

スタッフとしての目線から、実際に現場で感じる「態度の悪い人」を例に挙げていきますね。

遅刻が当たり前

これは常識ですよね。

現場に遅刻をするということは、作品に携わる全ての人を待たせることになってしまいます。

特にドラマや映画のスケジュールは分刻みで動いています。

たった5分の遅刻が、その日のスケジュールを大きく乱してしまうことに繋がるのです。

また、遅刻グセのある人は2度でも3度でも同じことを繰り返します。

心当たりのある方、ギリギリで行動するのではなく、余裕を持った行動管理を徹底しましょう。

スポンサードリンク

挨拶をしない

「挨拶をしない人」というのは先ほど言いましたね。

共演者からの挨拶には丁寧に応じるのに、スタッフからの挨拶には応じない。

なんて方が少なくありません。

相手への挨拶には「大袈裟」なんてものはありません。

笑顔で大きな声で。

堂々と「おはようございます」と言ってやりましょう。

敬語が使えない

若い方にありがちです。

ちょっと売れ始めると、年配のスタッフ方に平気で〝タメ口〟で会話をする人がいます。

周りの方に敬意を払っていれば、そんな簡単に〝タメ口〟なんて使えないはずです。

キャストとスタッフには〝差〟があると思っているのでしょうかね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者をめざしているみなさん、こんな風に思ってしまっている方はいませんか? 僕は役者だから他の人とは違うんだよ 現場スタッフよりも僕の方が偉いんだよ はい、これはかなり[…]

弁当を片付けない

現場に入ると、食事時間には必ず制作サイドで用意していただいた〝お弁当〟が配られます。

このお弁当、ほとんどの現場では自分でゴミ箱へ片付けをしなくてはいけません。

というか当たり前のことですよね。

自分の食べた食器は自分で片付ける、子供でも出来ることです。

しかし、食べた弁当箱はそのまま待機場所や楽屋に放置、ひどい人は個人のゴミもそのまま置いていきます。

こういう些細なことができないと、スタッフからしたら目についてしまうのです。

喫煙の頻度が多い

ここ数年でかなり人数は減りましたが、それでも多いのが喫煙者です。

タバコを吸うことが悪いとは言いませんが、肝心な時に喫煙所に行っていたり、キャストの喫煙の頻度が多くて「現場が円滑に進まない」なんてことが多々あります。

愛煙家の方、芸能の仕事に本腰を入れたいのであれば、禁煙することをお勧めします。

(僕は禁煙に成功しました)

たった一度の悪印象で仕事は無くなる

このように、自分で意識していなくても周りから「あの人態度悪いな・・」なんて思われてしまうことが結構あります。

スタッフの目線から現場を見ると、本人たちが意識していないところにも目がいってしまうんですよね。

たった一度の悪印象が、あなたの芸能活動にダメージを与えれしまうかもしれません。

感覚を広げ、慎重になり過ぎるくらい慎重になった方がいいのです。

スポンサードリンク

驕(おご)り高ぶらず、もっと上を目指す努力が大事

ではどうしたらいいのか。

答えは簡単です。

驕(おご)らず高ぶらず、そして常に上を目指す努力をしましょう。

思っている以上に、周りはあなたを見ています

努力をしている姿というのは、あなたが思っている以上に周りが見てくれています。

先ほども言ったように、〝素直〟であり〝謙虚〟な気持ちを持ち合わせつつ、自分という芸能界での〈商品価値〉をどんどん高めるようにしてください。

必ずチャンスに繋がっていきます。

その逆に、努力を怠ってしまう人にチャンスは訪れません。

それも周りから見抜かれてしまいます・・。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指すほとんどの人は、サラリーマンのように固定の給与をもらっている訳ではなく、フリーランスとして仕事に見合った報酬を貰っています。 そんな芸能界で、どうしたら仕事がもらえるようになると思いますか? […]

初心の気持ちを維持することで、成長できる

常に初心の気持ちを持っておくことが大事なんですね。

記事の前半でもお話しましたが、芸能界を目指し始めた頃って右も左も分からず全てのことに礼儀正しくなっていませんでしたか?

その頃を思い出しながら、「これから芸能界で輝かしい仕事に挑戦していくぞ」という気持ちを持って一つ一つの仕事を丁寧にこなしていってください。

必ず周りはあなたのことを見ていてくれています。

【まとめ】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『「挨拶は当たり前」芸能界は売れている人ほど頭を下げれて礼儀正しい』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!