注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

まだ「売れない役者と同じこと」しているの?一歩踏み出す役者とは?

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

役者を目指している方、こんな風に考えてはいませんか?

長年〝役者活動〟をしているのになかなか売れない、食べていけるようにならない

役者業とはビジネスです。

間違ったやり方をいつまでも続けていては決して〝一流〟にはなれません。

先日、僕はこのようなツイートをしました。

今回の記事のテーマです。

まだ「売れない役者と同じこと」しているの?一歩踏み出す役者とは?これをお話していきます。

●役者活動に悩んでいる方
●食べていける役者になりたい方

こんな方は是非最後まで読んでみてください。

まだ「売れない役者と同じこと」しているの?

いつまでも売れないと悩んでいる役者の方達へアドバイスです。

というか結論を言います。

それは「売れない役者と同じこと」しかしていないからです。

具体例を出してみましょう。

・役者活動は小劇場ばかり
・呼べるお客さんは売れない役者仲間ばかり
・公演の依頼がないときはひたすらアルバイト

どうですか、こんな方が山ほどいるはずです。

ではどうしたらいいのでしょうか?

周りの環境を変えましょう

まずは自分の周りの環境を変えてください。

特に「売れない役者」同士でつるむことを減らしましょう。

冒頭でも言ったように、つるんでは酒を飲み、行動に移さない夢を語り、結果として朝まで飲んで〈時間〉も〈お金〉も浪費する。

これではいつまで経ってもその環境が変わることはありません。

芸能界はストイックな人こそが〝一流〟になれる業界です。

しかし仲間は大事にしないといけません。

芸能界は繋がりの世界ですから、一つの縁が切れてしまうとそこから連鎖してあらゆる縁も切れてしまいます。

いきなり仲間同士の関係を切ってしまうことは〝リスク〟がありますので、徐々に距離を置いていったほうがいいですね。

アルバイトは所詮アルバイトです

「売れない役者」の失敗パターンとして、生活の軸がアルバイトになってしまっていることです。

アルバイトを中心に日常のスケジュールを組み、プライベートはアルバイト仲間と遊びに行く。

これでは「役者として活躍していく」というモチベーションが下がってしまいます。

「アルバイトは所詮アルバイト」と割り切らない限り、役者としての自覚は目覚めません。

先ほども言ったように、人との繋がりを大切にすることはすごくいいことですが、そこにばかり意識が行ってしまうと芸能界は目指せません。

割り切る気持ちが大事なのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

売れている役者のところに行きましょう

人との交流を深めたければ「売れている役者」のところに行きましょう。

いや、自分の周りに売れている役者なんていないよ

本当にそうですか?

プロダクションに所属しているならプロダクションの先輩、今までの共演者やその関係者、それでも繋がりがなければ「エキストラでも何でもいいのでドラマや映画の撮影現場を経験すること」です。

特に小劇場ばかりをやっている役者は映像作品の現場をほとんど知りません。

実際の撮影現場を目の当たりにすれば、役者としてのモチベーションが高まるはずです。

一歩踏み出す役者とは?

上記では「売れない役者」の特徴をお話してきました。

ここからは売れている役者つまりは〈一歩踏み出す役者〉がどんな人なのか、その特徴をお話していきます。

情報発信を死ぬ気でやりましょう

あなたは〝SNS〟を活用していますか?

これだけ便利なツールがあるのですから、活用して役者活動の『集客』に利用しないと勿体無いです。

●ブログ
●YouTube
●TwitterやInstagram

これらは芸能活動する上で必須コンテンツになります。

「そういうの苦手だから出来ない」

「アイドルじゃないし恥ずかしい」

なんて言っていられませんよ?

これからは「情報発信の時代」です。

発信を継続することで、世間への〝影響力〟を高められることが出来るのです。

これは芸能界も同じです。影響力は集客力を高め、仕事をもらえるようになります。

ご存知ですか?

今やテレビで活躍しているタレントたちよりも、ユーチューバー達の方が影響力が強く、収入が多いのです。

だからテレビ業界がこれほど衰退しているのです。

YouTubeに多くの芸能人が参入しているのだから、ほぼ一般人に近い「売れない役者」はもっと頑張らなければなりません。

ブログとYouTubeなら最低1日1投稿、TwitterやInstagramは毎日10投稿、これくらいやらないと〝影響力〟のある役者にはなれません。

自己啓発しまくりましょう

役者とは楽しくもあり、そして辛い職業です。

だからこそ日頃の自己啓発を怠ってしまうと、役者活動のモチベーションが下がってしまいます。

読書でもいいですし、最近ではYouTubeでも自己啓発系の動画がたくさん閲覧できます。

ちょっとした空き時間や移動時間を自分の自己啓発に費やしましょう。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 僕は昔から『読書』を欠かしません。役者を目指す上で、『読書』というのは必須になります。 読解力を身につけることは役者としての表現力を高めることに繋がるからです。 この記[…]

とにかく〝無駄〟を減らしましょう

「売れない役者」から脱却したければ、とにかく〝無駄〟をなくしましょう。

その行動が役者としてメリットにならないのであれば、すぐに断る勇気を持ってください。

役者活動は、どれだけ時間を〝有意義〟に使えるかであなたの役者人生が左右されます。

その消費された時間があれば、役者として様々なスキルアップや学びに費やせたのではないか、そんな風に思いませんか?

今のあなたの生活の中で、どこかに〝無駄な時間〟がないか確認してみましょう。

【まとめ】売れたければがむしゃらに!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回はまだ「売れない役者と同じこと」しているの?一歩踏み出す役者とは?というテーマでお話させていただきました。

何度も言いますが、売れない役者は「売れない役者と同じこと」しかしていないのです。

本当に売れたければもっとがむしゃらに行動出来るはずです。

この記事で紹介したことはほんの一例にすぎません。

芸能界で食べていくということは、それほど過酷な道のりなのです

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!