注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「出来ること」は挑戦ではない「出来ないこと」をするのが挑戦

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

成果を収めている人は、よくこんなことを言いますよね。

「後悔したくなければ、とにかく挑戦を続けよう」

と。

しかし、多くの方はこんな勘違いをしてしまいます。

失敗が怖いから、「出来ること」から挑戦しよう!
ん〜、果たして「出来ること」は挑戦と言えるのでしょうか?

極端な言い方になってしまいますが、「出来ないこと」に挑むことが挑戦なのではないかと僕は考えています。

今回は『「出来ること」は挑戦ではない「出来ないこと」をするのが挑戦』というテーマでお話させていただきます。

・なぜわざわざ「出来ないこと」に挑戦するのか
・挑戦を躊躇っているとどうなってしまうのか
・行動した方が早く成長する理由とは何なのか

「出来ること」は挑戦ではない「出来ないこと」をするのが挑戦

「新しいことに挑戦することは大事」

なんてことは散々言われている時代ですよね。

僕自身も芸能という業界で、多くのことに挑戦してきました。

しかし、そのほとんどが〝成功〟と呼べるにはあまりにも遠く、未だに金銭的なことや人間関係で頭を悩ませることばかりです。

でも、今まで挑戦してきたことに一切の後悔はありません。

そして多くの挑戦が、確実に会社の成長や僕自身の成長に繋がっているのです。

スポンサードリンク

「自信がない」は当たり前

挑戦することに躊躇う人の多くが、「自信がないから」と言ってなかなか行動に移せません。

しかしよく考えてみてください。

・初めて挑む新しいこと
・成功経験がないこと
・未知のことなので怖い

「自信がない」のは当たり前ですよね?

何か新しいことに挑戦するというのは、誰もが「怖い」ことなのです。

「失敗したくない」はNG

更に多いのが、「失敗したくない」から挑戦を躊躇ってしまうパターンです。

はっきり言ってしまうと、何か新しいことを始めるうえで「失敗する」は当たり前です。

必ずと言っていいほど不測の事態が起きて、思わぬ〝失敗〟に繋がるのが挑戦です。

「10回挑んで9回は失敗する」と思った方がいいでしょう。

「え、そんなに失敗するなら挑戦なんかしたくない」

なんて思った方、安心してください。

それが〝普通〟の感覚です。

何かに挑戦したい方は、その普通の感覚を捨てなければならないのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

だから「出来ること」を続けてしまう

だから多くの方が「出来ること」ばかりを続けてしまうんですね。

「出来ないこと」にわざわざ挑戦しなくても、人は生きていくことが出来ますから。

でもね、同じことばかりを繰り返す人生は楽しくないです。

楽しいこと・刺激あることを求めたいから僕は「出来ないこと」への挑戦を繰り返しているのです。

悩んでいる間に時間は過ぎていく・・

・自信がない・・
・失敗したらどうしよう
・もっと準備をしてから

なんて悩んでいる間に、時間というのはどんどん過ぎていってしまいます。

気づけば行動することに億劫(おっくう)になり、決断しなかったことに後悔する羽目になってしまうこともあり得ます。

(心当たりのある方、多いのではないでしょうか)

行動を始めた時には「時代が変化」している

時代の流れはあなたのことを待ってはくれません。

いつまでも悩んで悩んで、いざ行動を始めた時には「新しい時代の波」がやってきています。

特にここ数年の時代の変化は凄まじいものがあります。

動画配信コンテンツや音声発信プラットフォームなど、次々と新しいITビジネスが流行し、そして飽きられていっているのです。

あなたが始めようとしている新しい挑戦は、今の時代の変化に対応できているでしょうか?

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

スポンサードリンク

歳を重ねるごとに行動力は低下していく・・

新しいことへの挑戦、つまり「行動力」は歳を重ねるごとに低下すると言われています。

僕は現在30代半ばですが、今はまだバリバリ新しいことへ挑み続ける元気があります。

しかし、少し上の世代となるとすっかり腰をおろしてしまったポジションから立ち上がることは出来ません。

「若いうちに色んなことにチャレンジした方がいい」
多くの年配の方は揃ってこんな事を言います。

まさにその通りですよね。

【結論】行動した方が成長は早い

結論となりますが、失敗を恐れて行動を躊躇うよりも「出来なくてもいいから挑戦する」という覚悟を持って行動した方が、早く成長します。

『失敗は成功のもと』なんて言葉があるように、失敗を繰り返すほど成功する確率は高くなっていくのです。

これを恐れていては、挑戦者として見込めません。

多くの経験をした方が「自信」がつく

自己啓発的な事を言いますね。

「自信がない」なんて言いますが、そもそも自信というのは経験を積み重ねて身につくものです。

つまり「自信をつけてから挑戦する」なんているのは矛盾しているのです。

多くの失敗や挫折、苦労を経験してこそ〝自信〟への栄養となります。

あなたが「出来る」と思っていることは、最初から「出来る」ではなかったはずです。

「出来ないこと」を何度も挑戦し、「出来る」になったのではないでしょうか。

生まれたばかりの子供は最初から歩くことが出来ません。
何ヶ月も立ち上がるという〝挑戦〟を繰り返し、ようやく二足歩行で歩くことが出来るようになりますよね。

これと同じです。

「失敗」の数だけ成功確率は上がる

またまた自己啓発的なことになります。

さっきも言いましたが、失敗の数だけ成功確率というのはグンと上がるのです。

むしろ「失敗=成長のための栄養」と捉え、どんどん失敗した方がいいのです。

世の中の多くは「成功している姿」ばかりを目にする機会が多いですが、その裏で成功者たちはそれ以上の〝失敗〟を繰り返しているんですよね。

後悔しない選択をしよう

どんな綺麗事言っても、結局は「後悔しない生き方」をすることが一番です。

過ぎてしまった時間や環境は取り戻せないですからね。

僕は自分の人生の半分以上を〈エンタメ〉に費やして来ましたが、一切の後悔はありません。
もちろん、たくさんの失敗を繰り返して来ましたが、そのおかげで今があるのです。

過ぎたことが笑い話になれば、それでいいじゃないですかね。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『「出来ること」は挑戦ではない「出来ないこと」をするのが挑戦』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 あなたの人生、他人や企業に頼ってばかりではないですか。 この記事では『企業に頼らず、これからは〈個人の時代〉が必ずやってきます!』というテーマで、これからの〝働き方〟について[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!