注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「恥をかきたくない」芸能活動は恥を捨ててからが本番だよ

こんにちは、ひらきです。

「恥をかきたくない」

多くの方がこう思ってますよね。

いや、全ての方が思っているはずです。

しかし、恥を捨てなければ「芸能界での活動は出来ない」と言っても過言ではないのです。

今回は『「恥をかきたくない」芸能活動は恥を捨ててからが本番だよ』というテーマでお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ「恥」を捨てなければ芸能活動ができない?
・「恥」を捨てることでどんなメリットがある?
・「恥」に対してどんな価値観を持てばいいのか?

「恥をかきたくない」芸能活動は恥を捨ててからが本番だよ

みなさんは最近「恥」をかいていますか?

芸能活動をしているのに、「恥」をかいていない。

これはこれで問題かもしれません…。

というのも、芸能界というのは「恥」をかくことが〝前提〟の業界なのです。

スポンサードリンク

芸能活動は、すでに「恥」の世界に身を置いている

例えば監督や演出家に指導を受けたとき、こんな風に応える人っているでしょうか?

・出来ないから無理です。
・恥ずかしいからやりません。

いないですよね。

難題と分かっていても、失敗を前提に頑張るはずです。

じゃないと自分のチャンスはそこで終わってしまうのですから。

芸能活動をしている方は、すでに「恥」という世界に身を置いているのです。

恥ずかしがり屋は恩恵を受けられない

今は社会の流動性が上がって、個人で発信できる時代となっています。

ブログやYouTube、SNSなど、多くの方が利用して〈自分〉というブランド価値を高めています。

中にはそれ自体をビジネスとし、大きく稼いでいる人もいます。

しかし、恥ずかしがり屋はそういった恩恵を受けることが出来ません。

・SNSとか恥ずかしくて無理
・周りの反応が怖いから動き出せない

これでは何の挑戦も出来ないので、失敗もしなければ成功もしません。

つまり、「成長しない」のです。

前提として、挑戦の95%は失敗する

そもそもの前提として、挑戦というのは95%失敗すると思ってください。

僕も多くの事業に手を出してきましたが、そのほとんどが失敗に終わっています。

つまり「恥」をかいてきました。

でもいちいちそこで周りの目を気にしていたら、自分のやりたいことなど出来るようにはなりません。

芸能界に飛び込んでいる時点で恥を捨てている

もう一度言いますが、あなたが芸能活動をしている時点で、すでに「恥」を捨てているのです。

「芸能界を目指す」というだけで、普通の視線を浴びることは出来ないからです。

・芸能なんて成功するのはほんの一握りだよ。
・お前なんかがテレビに出れるわけないじゃん。

こんな風に言われてきた方、多いのではないでしょうか。

それでも芸能界に飛び込んできましたよね。

それが「出来ないこと・やったことないこと」に対する挑戦なのです。

消極的はただただ損をする

いざ芸能界に飛び込んだけど、自分から積極的になれず仕事がない。

↑こんな方、多いですよね。

ざっくり言ってしまうと、これも「恥」をかくことが怖いがために動き出せずにいるのです。

「受け身」では芸能界で一流にはなれません。

自分から挑戦を繰り返してこそ、成功と呼べるような活動ができるようになるのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

スポンサードリンク

受け身では誰も相手にしてくれない

しかも「受け身」というのは誰も相手にしてくれないから怖いのです。

待っている〝だけ〟の人に、誰かが手を差し伸べてくれるでしょうか?

否、芸能界はそんな優しい業界ではありません。

芸能界に飛び込んだ時の気持ちを忘れずに、常に行動し続けてください。

恥を捨てない限り、〈一流〉にはなれない

多くの〈一流〉と呼ばれる方々は、みんな恥知らずです。

無謀だと思ってもどんどん挑戦し、そして数え切れないくらい失敗してきています。

逆に、「恥」を怖がって動き出さない人は総じて「成長しない」か「芸能界を諦める」の2択になります。

〈一流〉と飛ばれるような方と、自分を比べたときに「何が違う」のか、見比べてみてください。

「恥知らずは損をする」挑戦に恥はつきもの

「恥知らずは損をする」

なんて言葉がありますね。

成功者はたくさん失敗をし、周りから笑われてたくさんの「恥」をかいてきました。

未だに「昔の失敗をほじくり返して指摘する」なんて人もいますからね。

僕は恥知らずなので、昔のことを言われても全く気にしませんが。

前へ進むためには、「恥」を捨てる必要があるのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈稼ぐ〉というノウハウを学び、30[…]

やりたいことがあるのに、なぜ動かない?

芸能界に飛び込んだからには、あなた自身「たりたいこと」があるはずです。

なのに多くの方が動き出せずにいます。

それは「失敗が怖い」「恥をかきたくない」というしょうもない理由からです。

僕の周りにもたくさんいます。

頭で考えてばかりで、行動するための体が全然動かない。

果たしてそれで〈一流〉に近づけるでしょうか?

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

人の失敗を笑う者は、芸能界で成功しない

人の失敗を、声を大にして笑う人がいます。

そんな人は大抵「自分で何の挑戦もしてこなかった人」です。

もしあなたの周りにこんな人がいるのなら、相手にしない方がいいです。

人生に対する価値観が違いすぎます。

そして、芸能界に「人の失敗を笑う人」がいるならば、確実にその人は成功できません。

逆に、人の挑戦を応援し自分も周りから応援してもらえる〝挑戦者〟になれば、徐々に成功への兆しが見えてくるはずです。

失敗しても〝次〟を考える

芸能界を目指すなら、挑戦して失敗して「恥」をかくことは〝当たり前〟です。

いいじゃないですか、どんどん「恥」をかいていきましょうよ。

僕なんてもうすぐで芸能生活20年経ちますが、いまだに「恥」をかいてばかりです。笑

もし「失敗」しても、常に〝次〟を考えていれば、うじうじとくだらない悩みを抱える必要はなくなりますよ。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『「恥をかきたくない」芸能活動は恥を捨ててからが本番だよ』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!