注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

芸能界「今からでも有名になれますか?」正直に言います・・

こんにちは、ひらきです。

僕は役者を名乗りつつ、同時に芸能プロダクション経営もしています。

ですので、これまでに「芸能界を目指したい」という方と幾人も面談をしてきました。

「芸能界を目指す」と言っても、そこには多種多様あるわけで…
役者になりたいのか、歌手になりたいのか、芸人になりたいのか、ダンサーになりたいのか・・

それぞれ立派な目標があることは大変素晴らしいことです。

しかし、芸能界において「有名になる」という目標は少々お門違いなのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指していて、こんな目標を掲げている方はいないでしょうか? 『芸能界で〝有名〟になりたい!』 決して否定する訳ではありませんが、この思考を持っているようなら絶対に有名にはなれません。 […]

「芸能界=有名になるところ」という認識を持ってしまっていると、必ず挫折します。

この記事では『芸能界「今からでも有名になれますか?」正直に言います・・』というテーマで、芸能界での活動の実態についてお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・芸能界とはどんな業界なのか?
・「有名」になるとは、その実態

芸能界「今からでも有名になれますか?」正直に言います・・

結論から言いますと、
「芸能界に入って有名になりたい」と思っている人は、安易にこの業界に入ってこない方がいいです。

簡単に潰されてしまいます。

というのも、
芸能界とはその名の通り〈芸を披露する業界〉であり、決して有名を目標にするようなところではありません。

自分の表現力(パフォーマンス力)が認められ、より多くのお客様に披露することが出来るようになってこそ〈有名〉になっていくのです。

スポンサードリンク

「何がしたいのか」を明確にすること

「とりあえず芸能事務所(プロダクション)に入れば、仕事はなんとかしてくれるだろう」

これは甘い考えです、本当に。

芸能事務所とはタレントという〈商品〉を売り出す組織であり、育成機関です。

言い方を変えれば商品価値が無ければ売り出すことはできない、つまり仕事はないのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指すほとんどの人は、サラリーマンのように固定の給与をもらっている訳ではなく、フリーランスとして仕事に見合った報酬を貰っています。 そんな芸能界で、どうしたら仕事がもらえるようになると思いますか[…]

芸能界で「何がしたいのか」を決めることは、芸能活動においてのスタートラインです。

そこから自分に合った事務所(プロダクション)を探し、事務所の方針の下で切磋琢磨していくのです。

「今からでも〇〇できますか?」は筋の通る話

本題ですが、
「今からでも有名になれますか?」という質問に、僕だったらこう答えます。

「目標を明確にして、努力を続けられるなら年齢は関係ないよ」

と。

例えば芸能活動の経験のない30代の方が、
「今からでも役者として活動できますか?」と尋ねてきたとき、僕は「できます」と自信を持って答えます。

芸能の活動に年齢は関係ないからです。

↓こちらは2万人以上が読んでくれている記事です。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 毎日メディアで取りあげられる芸能界の世界。 誰もが一度は憧れを持ったことがあるのではないでしょうか。 しかし「芸能界は長い下積み時代があってこそ輝くことができる世界」なんて思っていませんか。 […]

芸能活動に限らず、何歳になっても挑戦を諦めないことはとても素晴らしいことですよね。

実際に、
僕の会社が主催する舞台では30代サラリーマンが初舞台を踏んだり、40代の元自衛官が時代劇に挑戦したりしました。

要は〝やる気〟ですよね。

どうしても「有名になる」が目標ならば・・

「表現者になりたいんじゃなくて、どうしても有名になりたいんだ!」

なんて強く思っている方、アドバイスします。

誰もが知っているような大手の事務所(プロダクション)に所属しましょう。

・入所するための厳しい審査
・高い入所金
・高い月謝とレッスン
・厳しい競争社会

これらに耐えられるなら挑んでみるといいかもしれませんね。

ただし、
少しでも気を抜くと「やる気がないな」と判断され、ただの金蔓になりかねませんよ。

ちょっと厳しいことを言っていますが、これが現実です。

恥をかく前に、芸能活動についてしっかり学ぶこと

多くの方が芸能界という華やかな世界に憧れを持ちます。

周りから黄色い声援をあび、街を歩けば声をかけられる、素敵な人生ですよね。

しかし実際は華やかでもなんでもなく、縦社会であり実力世界。

自分自身に〈商品価値〉が無かったらあっという間に必要とされなくなってしまいます。

まず「芸能界がどういう世界か」をしっかり学んでから、それでも本当に目指したいなら飛び込んでみましょう。

その上で目標を定める

何度も言いますが、芸能活動で大事なのは〈明確な目標〉です。

自分が芸能界でどんな活動をしていきたのか、どんな表現者になっていきたいのかってすごく大事なことなんですよ。

ここがブレていると、仮にプロダクションに所属したところで担当マネージャーはどんな風に売り出していいか分かりません。

「ただなんとなく芸能人になりたい」

こんな軽い気持ちで仕事がもらえたら苦労はしませんよね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 何かを実践していくために必要なものって〝目標〟ですよね。 芸能界も同じです。 ただ漠然と芸能という業界に身を置いていても、そこで活躍できるようになるとは限りません。 今回は『芸能活動に〝目標[…]

面談では恥ずかしい発言をしないように…

「今からでも有名になれますか?」

この発言がいかに恥ずかしいか分かっっていただけたでしょうか。

芸能界に限らず、どんな業界においてもそこに人生を捧げるならある程度のリサーチは必須です。

しっかり学び、考えた上で挑戦していきましょう。

時間の無駄にならないように。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『芸能界「今からでも有名になれますか?」正直に言います・・』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!