注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

〈芸能活動〉役者としての〝スランプ〟を克服!その解決方法とは?

こんにちは、ひらきです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台主催、脚本や演出など幅広く活動中。詳細や芸歴はこちら

本気で役者を目指したい
一流の方達と肩を並べるステージに立ちたい

こんな想いで目標に対してがむしゃらに努力している方がたくさんいるのが芸能界です。

しかし、ここで陥ってしまうのが〝スランプ〟という大きな壁。

役者に限らずアーティストでもスポーツ選手でも、この〝スランプ〟というのは努力を重ねるにつれ目の前に迫ってきます。

この記事では『〈芸能活動〉役者としての〝スランプ〟を克服!その解決方法とは?というテーマで〝スランプ〟をどんな方法で克服すればいいのかお話していきます。

・スランプはどうやって克服するのか?
・なぜスランプになってしまうのか?
・どんなことに注意して活動すればいいのか?

〈芸能活動〉役者としての〝スランプ〟を克服!その解決方法とは?

どんなジャンルの職業でも、頑張り続けている人には〝スランプ〟というのはやってきます。

ではそのスランプに陥った時、どのように克服していけばいいのでしょうか?

また、その解決方法とはどんなものなのでしょうか。

僕が実際、一流として活躍している役者さんたちの話をもとにまとめてみました。

・固執した考えを一度捨ててみる
・とにかく運動、汗を流す
・視界からのリフレッシュ、自然の景色を求める

それぞれ深掘りするとともに「なぜスランプに陥ってしまうのか?」というのも説明していきます。

スポンサードリンク

固執した考えを一度捨ててみる

「演出がこの表現を求めているからこうしなきゃ」

「これをこうするには、あれをこういう風にしなくては」

何か目標を立てる時、どうしても固定概念というものが生まれてきます。

例えば、いつもの通勤の道のりを想像してみてください。
車で通勤しているならば、いつも曲がるはずの交差点を曲がらずに次の信号で曲がってみる。
電車通勤しているならば、いつも乗っている車両よりもずっと後方の車両に乗ってみる。
こうしたちょっとした固定概念を芝居の中で変えてみるのです。

表現で悩んでいるのであれば固められた動きやセリフの言い回しを全てリセットしてしまうのもいいでしょう。

構築したその表現を、一度捨てて作り直すことで新たな発見が見えてくるかもしれません。

とにかく運動、汗を流す

適度な運動は脳へのストレスを軽減し〝スランプ〟という悩みを解消してくれる効果があります。

「台本を読んでも読んでも表現が生まれてこない・・」
「頭では理解しているんだけど、思い通りのパフォーマンスが出来ない・・」
こんな人は一度運動して汗を流してみるといいでしょう。

役者として一流を目指すのであれば、毎日の定期的な運動は行っていきたいもの。

常に頭の中をスッキリとさせた状態をキープしましょう。

視覚からのリフレッシュ、自然の景色を求める

これが一番簡単で最適な方法ではないでしょうか。

視覚から自然の景色や綺麗な光景を取り入れ、脳をリフレッシュする方法です。

特に緑の木々や山々というのは、視覚効果的にストレスが軽減し落ち着く効果があるとされています。
また、副交感神経が優位になりすぎて「やる気が起きない」「どうしたらいいかわからない」なんて方は〝やる気が起こる〟という医学的結果が発表されています。

都内でも気軽に森林浴の出来る公園がたくさんあります。

山々に囲まれた地方ならなおさら、壁にぶつかっているなと感じたら、緑の景色を見るようにしましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

なぜ〝スランプ〟に陥るのか?

そもそもなぜ人はスランプに陥ってしまうのでしょうか。

僕は先日、このようなツイートをしました。

真面目な性格の人ほど、自分の掲げる課題に対して明確な目標を作る。

これってものすごく素晴らしいことです。

しかし、自分で定めたそのゴールに向かって頑張りすぎてしまうと、焦りが生まれ思うような結果に繋がらなくなり結果として〝スランプ〟に陥ってしまいます。

目標設定を掲げることは大事なことだが、そこに固執してしまうと逆にデメリットになってしまうのです。

僕のようなお気楽な思考であれば、焦っても出来るようにはならないと割り切れてしまいますよ。

気分転換は甘えを生み出す

「スランプに陥ったら気分転換してこい」

なんてよく言いますが、これをやり過ぎるのはただの甘えに繋がってしまいます。

そもそも、本気で努力している人は「スランプを感じている時間などありません」と、俳優の吉田鋼太郎さんは言っています。

〝スランプを克服するための気分転換=ただのダラけ〟

になってしまわないよう注意することが大切です。

本気で何かを目指している時、どうしても壊すことが出来ない壁が出て来るのが〝スランプ〟です。

すぐに出来ないからとサジを投げてダラけてしまうのはただの甘え。

ここを間違えないように注意しましょう。

〝スランプ〟は決して悪いことではない

スランプに陥ってしまうと、どうしても落ち込んでしまいますよね。

しかし、スランプって決して悪いことではないと思っています。

人はアップダウンしながら徐々に右肩上がりに成長していきます。

スランプに陥った時、「苦しい、どうしたらいい」と悩むのではなく「これを克服出来たらもっと成長できてる!」と考えるようにしましょう。

そうすれば落ち込んだ利せず、前向きに考えることが出来るはずです。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『〈芸能活動〉役者としての〝スランプ〟を克服!その解決方法とは?というテーマでお話させていただきました。

役者がスランプに落ちいた時、どんな克服をすればいいのか。

スランプにならないためにはどうしたらいいのか。

スランプに陥った時の解決方法は以下の3点。

・固執した考えを一度捨ててみる
・とにかく運動、汗を流す
・視界からのリフレッシュ、自然の景色を求める

そしてスランプにならないためには、明確な目標に固執しないこと。

これを意識すれば、落ち込んだり悩んだりという無駄な時間が少しでも減らせるはずです

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!