注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

「孤独を楽しめるようになれ」役者に限らず表現者は自分との闘い…

こんにちは、ひらきです。

芸能活動は非常に〈孤独〉です…。

なんて、いきなり冷たいこと言ってしまいました。

そんな風に感じたことはありませんか?

仲間と支え合い、助け合い、協力しながら目標を目指していく。

なんて言いますが、
実際に闘う相手は〈自分自身〉であり、そこで負けてしまうと〝挫折〟へ向かってしまうのです。

この記事では『「孤独を楽しめるようになれ」役者に限らず表現者は自分との闘い…』というテーマでお話させていただきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ孤独と向き合わなければいけないのか
・孤独を楽しむためにはどうしたらいいのか

「孤独を楽しめるようになれ」役者に限らず表現者は自分との闘い…

役者や歌手や芸人など、芸能界での職種は様々です。

そしてどれもが「お客様にエンタメ(表現)を提供する」ことが共通であげられます。

・どうすれば表現力を高められるのか
・どうすればお客様に喜んでいただけるのか

僕たち表現者は常に〝表現〟について考え、それを学んでいます。

いったい何が「孤独」なのでしょうか?

向き合う相手が自分自身だからです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界には多くの方が「夢」「目標」を持ち、それに向かって努力を続けています。 目指す気持ちというのは人それぞれ、中には「なれたらいいな」という意志の弱い方もいます。 もちろん誰もが強い気持ちを持っ[…]

スポンサードリンク

自分で解決しなければならない

ちょっとキザなことを言いますが…
どんなジャンルでも、活動を続けていれば〈壁〉というものが必ず現れますよね。

新しい挑戦をすればするほど、解消になければならない問題は山積みになってきます。

周りの仲間と問題解決に挑むこともいいですが、最終的には「自分で解決」しなければなりません。

周囲のアドバイスを聞き入れ、しかし従うのではなく「自分で選択」するのです。

役者活動の方向性について悩んでいる

・事務所を選び直すべきか
・独立して個人で頑張っていくか
・思い切って映像から舞台の世界に行くか

などなど、例えばこんな感じです。

こういう悩みって結局は自分で考えなくてはなりませんよね。

仲良しこよしでの活動は〈孤独〉と闘えない

「仲の良い仲間と、まるで友達感覚で芸能活動をする」

という方をこれまでたくさん見てきましたが、はっきり言ってこういう方は芸能活動そのものが長続きしません。

というのも、「自分自身と闘えない」からです。

何かあればすぐ友達と相談をし、自分一人で行動できず自分の目標すら定まっていないのです。
(ちょっと大袈裟な言い方ですが…)

そして気づけば芸能界からフェードアウトしています。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は芸能活動においての〈仲良しこよし〉についてお話していきます。 結論から言うと「過度に仲良くなりすぎるとただの遊びや思い出づくりになってしまう」ということです。 え、じゃあ共演者と[…]

自分だけの時間をつくる

誰かと一緒にいると楽しいことが多いです。

食事に行ったり遊びに行ったり、そこで磨かれる感性や世界観があります。

しかし僕は敢えて「自分だけの時間」をつくるようにしています。

自分一人で、自分と向き合うことで「新しいアイデア」や「芸能活動の在り方」を深く考えることが出来るからです。

そしてそこにしっかりと〈責任感〉を持つことで、より具体的に目標を定め行動することが出来るようになるのです。

ちょっと難しいことですが、簡単に言えば誰かと一緒にいるよりも「一人でいる時間」をつくることで新しい発見が見えるようになるのです。

孤独の中での楽しみ方を見出す

なぜ人は「孤独を嫌う」のか?

それは「孤独=辛い」という先入観があるからです。

ま、もちろん人にもよりますが、僕はむしろ一人でいる方が好きなタイプです。

一人での食事や映画、散歩や旅行など、なんでも一人で楽しめてしまいます。
(寂しい奴だと思わないでくださいね笑)

新しい事業計画や、舞台の構成・考案などもほとんど一人でやってしまいます。

その方が気楽ですし、余計なストレスを抱えずに済みます。

「一人だと周りの目がきになって…」

なんて言ってたら、芸能の商売なんて出来ませんよ。

趣味やスキルアップに没頭する

一人でも楽しめる趣味を見つけたり、それ自体が表現のスキルアップに繋がるようになれば時間を忘れて没頭できますよね。

僕の場合、まずは読書。

時間さえあればとにかく本を読んでいます。

役者にまつわる「歴史」や「表現について」はもちろん、ビジネス書や啓発本など幅広くとにかく読みます。

そのおかげで会社経営ができていますし、新しいアイデアは読書から生まれてきます。

台本やこうしたブログ記事なんかも、読書によって文章力が磨かれてきます。

本当に読書はおすすめです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは読書をしていますか? 朝・昼・晩、スキマ時間さえあればずっと本を読んでいる僕でも、実は昔は一切本を読まない生活でした。 なぜここまで読書好きになったのか、それは「本を読むことによって表現[…]

「自分に負けるな」と教えられてきた…

僕の〈師〉である以前のスタント時代の事務所の社長からは、常日頃から「自分に負けるな」と言われてきました。

アクションの技術が上達しないときや、芝居の幅が広がらないとき、人間関係を拗らせてしまったとき、これら全ては自分との闘いになります。

ここで挫けてしまうと人は「芸能界に向いていないかも…」と思い、弱気になってしまいます。

些細なことで傷つき、芸能活動を後にしてしまった子たちを僕は何人も見てきました。

その〈師〉自身も、そのような経験をたくさんしてきたからこそ僕にそうやって教えてきたんですね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『「孤独を楽しめるようになれ」役者に限らず表現者は自分との闘い…』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!