注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

芸能界を目指すなら覚悟が必要、半端な気持ちは時間が無駄に終わる

こんにちは、ひらきです。

芸能界には多くの方が「夢」「目標」を持ち、それに向かって努力を続けています。

目指す気持ちというのは人それぞれ、中には「なれたらいいな」という意志の弱い方もいます。

もちろん誰もが強い気持ちを持っているわけではありません。

しかし、〝半端な気持ち〟というのは人生の時間そのものを無駄にしてしまう可能性があるのです。

今回は『芸能界を目指すなら覚悟が必要、半端な気持ちは時間が無駄に終わる』というテーマでお話させていただきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ、半端な気持ちは時間が無駄になってしまうのか
・時間の無駄は一体どういう結果に繋がってしまうのか
・後悔しない芸能活動をしていくにはどうしたらいいか

芸能界を目指すなら覚悟が必要、半端な気持ちは時間が無駄に終わる

結論から言いますと、芸能界を本気で目指す〝覚悟〟がない方は、この業界に飛び込まない方がいいです。

なんて言ってしまうと冷酷な人だと思われてしまうので、徐々に説明していきますね。

決して「目指すな」というわけではありませんので…。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 「役者をやってみたい」 誰もが一度はそんな風に芸能界への夢を抱いたことがあるのではないでしょうか。 しかし「役者」とは簡単になれるものではありません。 役者を目指すも、それで食べていけるよう[…]

スポンサードリンク

「なれたらいいな」では続かない

ほとんどの方が「芸能界で一流になってやるぞ」という意気込みではなく、「なれたらいいな、目指してみようかな」という気持ちで芸能界に飛び込んできます。

最初から高い意識を持っている人などそうはいません。

多くのことを経験しているうちに、徐々に「本気で目指していこう」となるのです。

しかし、気持ちがいつまでも〝半端〟なまま続いてしまうと、あっという間に「芸能界を辞める」という決断になってしまうのです。

30歳を境に、多くの方が悩む…

特に、多くの方が30歳を境に「芸能の道をどうするか」という分岐に悩みます。

・いつまで経っても食べていけない
・なかなか売れることが出来ない

歳を重ねるごとに、自分の中の最優先は「生活するための経済力」へと変化していくのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

↑こちらの記事でもお話していますが、この〝30歳〟という節目を乗り越えることができたら、以外とそこから仕事も収入も増える場合があるのです。

(そんな人もいるよ、ということなので、30歳を過ぎたからといって安心はしないでください)

何も「得ない」まま、芸能界を後にする…

「あなたはこれまでの芸能活動で何を学びましたか?」

僕は時折、芸能界を後にする方達にこんな質問をします。

・エンタメの素晴らしさを学びました
・芸能界の厳しさを学びました
・人付き合いの重要性を学びました

大体がこのような回答です。

はて、これは果たしてその後の人生の役に立つのでしょうか。

仮に、芸能界を辞めて「就職する」という道を選んだところで、仕事に役立つような〝スキル〟は何も身についていない状態になってしまうのです。

結局、損をするのは自分になってしまう

「芸能活動していても、社会人として役立つようなスキルが身についていない…」

こんな方が多くいるのです。

仮に、30歳まで芸能活動を続けて、一般企業に就職したとしましょう。

それまではアルバイト生活、つまり学業を卒業してからその歳まで、職歴のないフリーターと同じ扱いになってしまうのです。

「20代はずっと芸能活動をしていました」

果たしてこれが就職面談に活かされるのでしょうか。

「思い出づくり」はただただ損をする…

厳しいことを言うようですが、芸能活動は〝覚悟〟がなければ趣味の延長なのです。

・みんなで楽しくお芝居したい
・テレビに出てみたい
・芸能人とお話してみたい

まるで思い出づくり、これではただただ損をしてしまうことになってしまうのです。

芸能界とはビジネスなのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

スポンサードリンク

多くの方が周りと比べてしまい…

芸能界は競争社会、周りと差をつけ自分を磨いていかないと仕事はとれません。

・自分はどうせダメなんだ…
・努力しても追いつけない…

周りと比べてしまい、「芸能界を辞める」という選択肢になってしまうのです。

「頑張ってもダメそうだから、適当に活動して運良く仕事がもらえたらラッキーかな」

半端な覚悟とは、こういったところから生まれるのかもしれませんね。

「覚悟」がないと中途半端な選択へと繋がってしまう

結局、「覚悟」がないと道の選択も〝中途半端〟になってしまうんですよね。

・芸能活動にどんな目標を持っているのか
・芸能界に入って、どんな表現を届けたいのか
・自分の人生の最終目標はどんなことなのか

自分自身が明確になっていないと、そのままズルズルと時間だけが過ぎていってしまいます。

これは芸能界に限ったことではないですが…。

何をやっていくにも、自分の〈目標〉というのは大事なんですね。

「後悔」しないためには、何かを〝得る〟つもりで

では、「後悔しない芸能活動」を目指していくにはどうしたらいいのでしょうか。

さっきも言いましたね。

自分が「何のために」「何が目標で」活動しているのかを明確にしてください。

そして、そのための〝スキル〟をしっかりと身につけておきましょう。

「就職する」という考え方は果たして…

またまた厳しいことを言いますが、30歳を過ぎて職歴のない方が「就職する」というのは中々難儀します。

よほどの学歴があれば別ですが、それでも今の不景気な日本の情勢下で「新卒でもない、スキルの無い人を雇用する」というのは企業側はデメリットになってしまうのです。

芸能界に時間を費やしてきた方というのは、それほどリスクを背負って活動しているのですね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『衰退していく日本経済、今いる会社で働き続けることは正解なのか』というテーマでお話していくのですが、なかなか偉そうなことを喋っていくので不快だと思ったらそっと画面を閉じてください。 ◇ ◇ ずばり[…]

「いざ」という時のためにスキルを得ておく

さっきから何度も言っているように、どんな職につくにしても〈スキル〉や〈資格〉は身につけておきましょう。

僕の場合、仮に芸能界を辞め今の会社をたたんだとしても、おそらくどこかの企業に必要とされるかと思います。

・スタントのキャリアを活かしたドライバースキル
・脚本や本の出版を活かした執筆スキル
・多くの事業・プロデュースから学んだ経営スキル
・wordpressを用いた、プログラミングスキル
・ブログ執筆で学んだWebマーケティングスキル

などなど。

「いざ」という時のために、今からでも何かしらのスキルを身につけておくことをおすすめします。

常に〝ビジネス〟を意識した活動を

どんな活動を目指していくにしても、芸能活動はそれ自体が〝ビジネス〟なのです。

これを意識するだけで、芸能活動に対する姿勢は確実に変わります。

ただ単に「芸能人になりたい」ではいいように利用されて時間を無駄に使ってしまうだけです。

本気で芸能界で活躍していきたいのであれば、それなりの「覚悟」というのが必要になってくるんですね。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『芸能界を目指すなら覚悟が必要、半端な気持ちは時間が無駄に終わる』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!