注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

〈芸能活動〉半端な気持ちだと「時間の無駄」にしかならない件

こんにちは、ひらきです。

芸能界には、少なからず「なんとなく」という気持ちで目指している方がいます。

・片手間で「有名」になれればラッキーだな
・学業とかアルバイトの方が優先だしなー
・芸能界での活動はいい思い出になりそう

極端な例として、こんな感じの方です。

もちろん、誰もが〝一流〟を目指しているわけではないですし、芸能界に対するモチベーションは人それぞれです。

しかし、その中で〈半端な気持ち〉を持ってしまっていると「時間の無駄」になってしまうのです。

今回は『〈芸能活動〉半端な気持ちだと「時間の無駄」にしかならない件』というテーマで、少々厳しめにお話させていただきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ「半端な気持ち」はダメなのか?
・片手間で芸能活動するにはどうしたらいい?
・自分に合った芸能活動を見つけるには?

〈芸能活動〉半端な気持ちだと「時間の無駄」にしかならない件

芸能界で〝一流〟を目指すには、中途半端な気持ちでは渡っていくことは出来ません。

なんてことは多くの方が理解していますよね。

しかし、中には「趣味程度」で活動している方もいます。

・友人とお金を出し合って小さい劇場で舞台公演
・エキストラ事務所に登録して本業の片手間でテレビに出演
・アルバイトや学業が優先、時間が空いてれば芸能活動

などなど。

決してこれが間違っているというわけではありません。

芸能活動は人それぞれ、何も「テレビに出て有名になる」ことだけが芸能活動ではありませんから。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

スポンサードリンク

「やる気」が伝わらなければ何もしてくれない

「芸能界を本気で目指したい」と思っている方でも、なかなか仕事がもらえないのが芸能界です。

というのも、周りの人や所属プロダクションというのは、あなたの「やる気」が伝わらなければ何もしてくれません。

相手にもされず、もちろんマネージメントなどされるわけがありません。

消極的では「時間の無駄」になってしまうのです。

「相手任せ」や「受け身」は時間の浪費

気持ちだけが本気でも、それが行動に出なかったら意味がありません。

「時間の無駄」です。

・自分から話しかけるのは苦手で・・
・言われた通りなら行動できます

こんな方は正直言って芸能活動に向いていないです。

と、きついことを言っておきましょう。

誰もが積極的に動いている芸能という業界で、「相手任せ」や「受け身」で仕事がもらえるなら誰も苦労はしません。

時間だけがどんどん過ぎていき、「時間の無駄」となってしまうのです。

自己アピールがなければ「やる気がない」と見られてしまう

つまり、自分から積極的に動かなければ「やる気がない」と思われても仕方がないのです。

本人にその気が無くても、周りはそう感じてしまうのです。

どうですか、心当たりある方いませんか?

活動するための〈レスポンス〉は最重要

一番効果的に「やる気」を見せるには、〈レスポンス〉を大事にしてください。

芸能活動で一番大事なことは〈レスポンス〉と言っても過言ではありません。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 今回は『レスポンスが悪いと〈信頼〉と〈チャンス〉を逃してしまいます!』というテーマで、レスポンスの重要性についてお話していきます。 相手からの連絡なんて自分のタイ[…]

半端な気持ちだと思われないためには、とにかく周りや所属プロダクションとの〈レスポンス〉をしっかりとるよう心がけることです。

「なんとなく」の気持ちで活動するなら相応の場所へ

冒頭でも言ったように、芸能界の中には「なんとなく」で活動している方がいます。

否定するつもりはありませんし、本人がそれで満足しているならいいと思います。

しかし、「なんとなく」の気持ちで芸能活動をするなら相応の場所で活動することをすすめます。

スポンサードリンク

本気で頑張っている人が不愉快になることも

というのも、芸能界を本気で目指している方と同じ環境にいたのでは、その人たちを不愉快にさせてしまう可能性があるからです。

正直言って〝邪魔〟に成り兼ねません。

・この人はなんのために芸能活動しているんだ
・なんでこの人と同じ環境で活動しなきゃいけないんだ

こんな風に思われてしまいます。

お互い、嫌な気分になってしまいますよね。

同じモチベーションの仲間と活動をした方がいい

そうなってしまうのだったら、同じモチベーションの仲間を見つけてその人たちと活動を共にした方がいいです。

例えば、本業の合間を見つけてサークル活動のようにエンタメ事業をしている団体を見つけるのです。

夜の時間帯や土日など、無理のない範囲で活動をしていけばいいわけですね。

気軽に活動するくらいが丁度いのかもね

ま、あまり窮屈に考えても仕方ないですよね。

そもそもエンタメというのは「楽しさ」が大前提です。

自分たちが楽しめないようでは、お客様に「楽しさ」を提供するなど無理な話です。

気軽に、けれど本気で活動していきたいですよね。

誰もが人生を捧げているわけではない

芸能界にいる誰もが、そこに人生を捧げているわけではありませんからね。

一番に優先するべきは「生活」ですよ。

多くの方がそう思っているのではないでしょうか。

芸能界で「食べていける」なんてのはほんの一握りの方だけですからね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 多くの役者が「貧乏」に苦しめられる芸能界。 いったいそれは何故だと思いますか? 売れないうちは仕事がないからしょうがないじゃん 多くの方がそう思っていますよね。 でもね、そ[…]

「趣味」として活動するのもアリ

僕は芸能活動を「趣味」として考えることは大いにアリだと考えています。

自分に無理をさせて活動したところで、いい結果になどなりませんから。

「半端な気持ち」というよりも、自分が活動したい範囲で頑張ればいいのです。

ただし、周りの環境をよく考えた上で。

「有名」になることだけが芸能活動ではない

多くの方は「芸能活動=有名になる」と勘違いしています。

それはただのミーハーです。

先ほども言いましたが、テレビに出て「有名になる」ことだけが芸能活動ではありません。

自分に見合った活動と、環境を見つけることが大事ということですね。

それには「半端な気持ち」をどうコントロールするか、よく考えなければいけませんね。

【まとめ】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『〈芸能活動〉半端な気持ちだと「時間の無駄」にしかならない件』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!