注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

〈時代の変化に適応〉が重要、芸能界を渡っていく為のコツ

こんにちは、ひらきです。

近年、芸能界で〈ビジネス〉をする方たちが非常に増えています。

「役者一本では食べていくことが難しい、それなら視野を広げて自分で事業をしていこう」

僕もその一人です。

しかしそう簡単ではありません。

ではどうすれば芸能界を上手く渡っていくことが出来るのでしょうか?

今回は『〈時代の変化に適応〉が重要、芸能界を渡っていく為のコツ』というテーマでお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ〈時代の変化に適応〉が大事なのか
・どうすれば変化に適応することができるのか
・何を意識して〝行動〟すればいいのか

〈時代の変化に適応〉が重要、芸能界を渡っていく為のコツ

「自分の好きなことで食べていきたい」

芸能界を目指している方、やりたいことをやっている方だったら誰もが思うことですよね。

しかし全員が簡単に「好きなこと」で生活できるようになったら苦労はしません。

特に芸能という業界は成功倍率が高く、多くの方が数年以内に挫折していきます。

どうしたら継続して活動を続けることが出来るのか、その最も重要なことは〈時代の変化に適応〉することだと僕は考えています。

スポンサードリンク

固定概念を捨てないと、変化についていけない

多くの方が芸能活動についてこのように考えています。

・芸能事務所(プロダクション)に所属する

・レッスン等でスキルを磨く

・事務所側が売り出してくれる

間違ってはいません。が、これでは他の方たちとやっていることは変わりませんよね。

言い方を変えると「その他大勢」という扱いになってしまいます。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

まずは固定概念や先入観を捨てること、じゃないとあっという間に時代に取り残されてしまいます。

事務所(プロダクション)に頼っていては絶対に無理

僕自身、芸能プロダクションを経営していてこんなことを言うのもアレですが「芸能事務所(プロダクション)に頼っていては絶対に食べていけるようにはならない」のです。

成果を残せないような方たちの口癖はこのようになっていませんか?

・事務所が仕事をくれない
・自分のやりたいことが出来ない
・周りの環境に自分が合わない

これは他人のせいにしているだけです。

これではどこの事務所に行っても同じ結果になります。

ぶっちゃけ、芸能事務所(プロダクション)というのは、その業務形態に大きな差はありません。

所属事務所を転々としてしまっている人は、その場その場での〈適応能力〉がなく、常に〈受け身〉になってしまっているのです。

世の中の変化を常に感じておく

あなたは「世の中のニュース」をこまめにチェックしているでしょうか?

今はネットでも世界の情勢を知ることが出来る時代です。

・世界経済がどのように変化しているのか
・トレンドはどのように変わっているのか
・これから時代はどのように変化するのか

芸能のネタだけではなく、こうした情勢を知ることで「自分なりの芸能活動の在り方」が見えてくるようになるのです。

「ニュースとか全然チェックしてないなー」

なんてのほほんとしてたら、今の環境を変えることなんか絶対に出来ませんよ。

ビジネスの視点から、芸能界を学ぶこと

この記事で伝えたいことは「芸能活動は所詮は〝ビジネス〟だ」ということです。

多くの方が安定した収入を得られず、アルバイト生活をしているのが日本の芸能界です。

大半の時間を浪費し、たかが時給1,000円前後で自分の人生を売っているのです。

勿体無いですよね。

Amazon
形式:Kindle版(電子書籍)
480円にて販売中

時間を浪費しているから、自分のスキルアップに時間を費やせない。

アルバイト生活はこうして〈負の連鎖〉になってしまっているのです。

勉強、してますか?

みなさんは1日にどれだけの〝勉強〟をしていますか?

日本人の1日の平均の勉強時間はたったの「6分」というデータがあります。

驚きです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

勉強をしない、というのが当たり前になっているんですね。

だから多くの方が「時代の変化」を敏感に察知することもできず、古い価値観のまま「売れない芸能生活」を歩むことになってしまうのです。

スポンサードリンク

サラリーマンでない分、情報が少ない

会社に勤め、サラリーマンとして生活をしているとある程度の社会情勢が耳に入るようになります。

しかし、芸能活動をする方のほとんどがサラリーマンではありません。

そう、ただでさえ情報が少ないのです。

だからこその勉強を推奨しているのです。

「フリーターだし、別に勉強なんて必要ないでしょ」

という考え方が一番危険なのです。

誰もがみんな〝社長〟のつもりで活動しよう

芸能活動を目指すからには、自分自身が〈商品〉であり〈社長〉なのです。

・どうやって自分の商品価値を高めるか
・どうやって自分という商品を売るか

常にこれを考えていかなくてはいけません。

僕のように「プレイヤーでありながら経営者」という方がどんどん増えています。

〈個人〉が活躍できる時代に変化しているからです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

「受け身」では絶対にダメ

さきほども言いましたが、〈個人〉の力が強くなっているということは、ますます「受け身」の態勢では仕事が来なくなるということです。

時代の変化に敏感で、行動力のある人は常に前進し続けています。

例えば〈YouTube〉がいい例ですよね。

動画投稿サイトという新しいプラットホームに目をつけ、そこにエンタメの需要を見出した〝ヒカキン〟さんや〝はじめしゃちょー〟さんは今やタレントとしても大活躍しています。

最初は全て自分一人で学び、行動していたのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

自分自身で〈商品開発〉を目指す

新しい分野を攻め、開発すること。

これがこれからの芸能界に求められることだと僕は考えています。

周りと同じことばかりやっていても「その他大勢」扱いになってしまいます。

と、冒頭で言いましたね。

大事なことは、自分で自分の「オリジナル商品」と呼べる商品開発をすることです。

それは物理的なことではなく、それこそ〈YouTube〉のような独自のチャンネルを作ったり、僕のようにブログというプラットホームで情報発信を続けるでもいいでしょう。

・自分が何をしたいのか
・何が向いているのか

これを見極めることです。

しっかりと〝行動〟する

そのためにはしっかりと〝行動〟することです。

頭で考えていても、行動しなかったら意味がありません。

〈時代の変化に適応〉とは〝学び〟と〝行動力〟なのです。

もう一度よく考えてみてください。

・自分の今の生活は果たして芸能活動に繋がるのか
・トレンドをキャッチした活動が出来ているのか
・うまくいっていないことに言い訳をしていないか

時代は年々急激に変化していっています。

だから僕も常に学び続け、行動し続けるのです。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『〈時代の変化に適応〉が重要、芸能界を渡っていく為のコツ』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!