注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

間違った努力?芸能界は「努力のやり方」を間違えると失敗する

こんにちは、ひらきです。

あなたは芸能界を目指すための〈努力〉をしていいますか?

芸能界で活躍するためには〈努力〉が非常に大切です。

しかしこの〈努力〉というのは「間違ったやり方」をしてしまうと無駄な時間を過ごす結果になってしまいます。

間違った努力?
なんじゃそりゃ!?

こんな風に思った方はぜひ最後までお読みください。

この記事では『間違った努力?芸能界は「努力のやり方」を間違えると失敗する』というテーマでお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・間違った〈努力〉とはどんなこと?
・インプットとアウトプットの重要性
・どんな〈努力〉をすればいいのか

間違った努力?芸能界は「努力のやり方」を間違えると失敗する

〈間違った努力〉は時に無駄な時間で終わってしまうことがあります。

だからといって全く努力をしないようでは話になりません。

特に芸能界という業界は、並々ならぬ努力をし続けた人たちが〝一流〟と呼ばれ自分自信を商品としてしっかり認識しています。

先日このようなツイートをしました。

例えば役者を目指すのであれば常日頃から体調管理には十分に気をつけ、トレーニングを積み、いつどんな時でも100%のパフォーマンスが出来るように心がけています。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

ダンサーは1日でも基礎トレーニングを怠ってしまうと、身体のキレというのはあっという間になくなってしまったり、歌手は日頃から喉のケア、発声など少しでも怠ってしまうとすぐに調子が乱れてしまいますよね。

芸能を目指すにおいて、基礎的な〈努力〉というのは大前提になるのです。

スポンサードリンク

間違った〈努力〉とはどんなこと?

〈努力〉をするにおいて、なにが正解でなにが間違っているというのは一概には言えません。

早く結果となって現れる努力もあれば、長年続けてやっと結果に現れる努力というのがありますからね。

僕が今まで経験してきた中で、「こんなやり方はおすすめしない」というのを紹介させていただきます。

①その行動・目標が本当に好きか嫌いか
②その目的は果たして明確になっているか
③自分は努力していると思わないこと
それぞれ深掘りしてお話していきます。

間違った努力①:その行動・目標が本当に好きか嫌いか

『その行動・目標が本当に好きか嫌いか』

これは大前提ですよね。

今あなたがやっている行動、目標は自分が本当に好きなことですか?

この根本が間違っているとその努力は結果として間違った方向に行ってしまいます。

特に芸能界という世界はあらゆる業界においても特殊な場所です。

〈芸能界で活動している〉と思うだけで周りとは違う華やかな業界で仕事をしているんだと思ってしまいがちですが、心の奥底では「もしかしたら芸能界での仕事は本当は好きじゃないのかもしれない」なんて思っている方は少なくないのです。

周りの目を気にして、芸能界という世界から抜け出そうにも抜け出せなくなっているのです。

今一度、自分は本当にその目標が好きか嫌いか。

考え直してみるのもいいかもしれませんね。

間違った努力②:その目的は果たして明確になっているか

その目標が自分の本当に好きなことなのかが大前提になります。

その上で〈自分の目的〉がしっかりと明確になっているかが大事なのです。

例えば、芸能界を目指すのに「有名になりたい」だとか、「お金持ちになりたい」だとが漠然とした目標を立てているとその過程も疎かになってしまいます。

役者を目指すのであれば「大河ドラマに役付きで出演する」や「役者の仕事で年収〇〇円稼ぐ」など、具体的な目標を立てなければそれに向かっての〈努力〉も散漫になってしまいます。

明確な目標を立て、それに向かって正しい努力を行うこと。

ふわっとした計画は立てないことですね。

間違った努力③:自分は努力していると思わないこと

「俺はこれだけ努力をしている!辛くても頑張っている!」

このように自分の努力を陶酔してしまっている方、これは危ういやつです。

「これだけ努力しているのになんで結果に出ないんだ!俺はなにも悪くない!」と、負の感情が発生し終いには人のせいにし、その環境から逃げ出してしまう。そんな連鎖に繋がりかねません。

正しい努力をしている人はそれを努力だとは思っていません。

逆に自分は努力をしていると思っている人は無駄な努力をしている可能性があり、自分を正当化してしまいます。

すごく見極めの難しいことですが「自分が努力だと思っている努力」はもしかしたらただの〝自己満足〟になっているだけかもしれません。

インプットとアウトプットを明確にすること!それすなわち〈努力〉

努力の定番をお話します。

ビジネスにおいてもそうなのですが、常に〈インプット〉と〈アウトプット〉を意識することです。

インプットは物事への関心、そして学び。
アウトプットは伝える作業、つまり自分の情報を他者に分配することです。

これが出来れば自分が「努力」して積み上げたものを周りの環境に循環することができ、さらにはそれが自分の身に帰ってきます。

上記のツイートでは〝インフルエンサー〟と例えましたが、役者も世間に影響を提供する職業なのでインフルエンサーと呼ばれても相違ありません。

つまりは役者も〈インプット〉と〈アウトプット〉を意識した方がいいのです。

難しく話してしまいましたが、努力して積み上げたものを外へ放出しなければそれは単なる自己満足になってしまいます。

どんなに素晴らしい努力をしても、それをアウトプットしないと全く意味がないんですね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指している方なら当たり前のように活用しているSNS。 しかし最近はメディアに露出している方よりも、知名度の低い一般人の方が多くの影響力を与えている場合があります。 芸能を目指[…]

不器用を無くしていきましょう

努力をするといっても、ただがむしゃらにやっては結果にはなりません。

努力の方向性をしっかり定め、それに向かって的確に進んで行く。

最初は目標を自分の限界の少し上に設定するだけでいいんです。その少し上の目標を達成するためにまずは目の前のことを一つ一つ丁寧にこなしていく。それを繰り返していくだけで人は成長していきます。

ただし、自分を「まだ新人だから」とか「まだ未熟だから」と自分で決めつけない方がいいです。

そうした甘い考えが自分への〈努力〉も甘やかしてしまいます。

役者と名乗るからには〝プロ〟だという自覚を持つことです。

そして物事はシンプルに考えましょう。

不器用になっていては間違った努力に進んでしまうだけですからね。

【まとめ】努力は決して裏切りません

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『間違った努力?芸能界は「努力のやり方」を間違えると失敗する』というテーマでお話させていただきました。

①その行動・目標が本当に好きか嫌いか
②その目的は果たして明確になっているか
③自分は努力していると思わないこと

一つ確実に言えることは「正しい努力は決して裏切りません!」ということです。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!