注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

軽い気持ちで「役者をやってみたい」きっかけはそれでいいと思う

こんにちは、ひらきです。

「役者をやってみたい」

誰もが一度はそんな風に芸能界への夢を抱いたことがあるのではないでしょうか。

しかし「役者」とは簡単になれるものではありません。

役者を目指すも、それで食べていけるようになるのはほんの一握り、よほどの覚悟がないと〝一流〟にはなれません。

今回は『軽い気持ちで「役者をやってみたい」きっかけはそれでいいと思う』というテーマで、役者を目指すための〝きっかけ〟について、自身の経験を元にお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。
役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・役者を目指すきっかけは誰もが単純なのか?
・どうしたら〝本物〟の役者に近づけるのか?
・本当の芸能界ってどんなところなのか?

軽い気持ちで「役者をやってみたい」きっかけはそれでいいと思う

何を始めるにおいても、誰でも初めは軽い気持ちでスタートします。

役者も同じではないでしょうか。

「役者って憧れるな、ちょっと目指してみようかな」

そこに人生を賭けている方からすると「舐めてるんじゃねえ!」って思われるかもしれませんが、でも〝きっかけ〟ってこんなもんなんじゃないんですかね。

スポンサードリンク

ぶっちゃけ、多くの人がそう

ぶっちゃけ、役者を目指している多くの方がそうではないでしょうか。

僕自身も、芸能界のスタートは〈スカウト〉でしたし、役者としての勉強を始めたのも「やってみようかな」という軽い気持ちからでした。

それが今や〈芸能プロダクション〉を経営しているわけですから、人生わからないものですね。

些細なきっかけが、その人の人生を変えてしまうのです。

まずは芸能界を知ることが大事

きっかけは些細でも、芸能界が困難な道のりなのは間違いありません。

右も左も分からずに芸能界に飛び込んだのであれば、まずは芸能界がどのようなところか「知ること」から始めてみましょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

「事務所に所属すれば仕事がもらえる」なんて甘いところではありませんからね。

何事も〈学び〉が大事です。

保険をかけると気持ちがブレる

「役者でもやってみようかな、失敗したら就職すればいいや」

誰でも〝保険〟をかけておきたくなりますよね。

でも、この後ろ盾な気持ちがあると目標に対する気持ちというのはブレてしまいます。

確かに軽い気持ちで芸能界に飛び込み、軽い気持ちで役者活動をしている人はいますが、ほとんどの方が長続きしません。

役者という世界に飛び込んだからには、それなりの〈覚悟〉が必要になってくるのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

「覚悟」を決めるタイミングが絶対にくる

順調に役者活動が進んでいく、なんてことは〝絶対〟にありません。

そこをどう乗り越えるかで「覚悟」を決めるタイミングがやってくるんですよね。

「辞める」か「乗り越える」かが分かれ目

苦しい壁にぶつかったとき、そこで「辞める」か「乗り越える」かを選択しなくてはななりません。

芸能活動に限ったことではないですが・・。

誰だって嫌なことがあったらそこから逃げ出したくなるものです。

でも、「辞める」という選択肢が決して悪いとは思っていません。

無理に続けるような業界ではないですからね、気軽に飛び込んで気軽に辞める、そんな選択も間違ってはいないです。

スポンサードリンク

周りが〝挫折〟することこそがチャンス

ただ、周りに〝挫折〟する人が増えてくるときこそがチャンス!という考え方もあります。

人がいなくなれば仕事をもらえる確率は増えていきますからね。

「周りが辞めているから自分も辞めよう」

ではなく、

「周りが辞めていくからチャンスが大きくなっていく」

なんて考えていくと、活動へのやる気が漲っていきます。

嫌な言い方になってしまいますがね・・。

特に30歳を境に、芸能の道を歩み続けるか、諦めて就職するか、この選択に迫られる人は多いです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

とにかく居座り続けること

昔、ある大御所のスタッフの方に「芸能活動を続けたければ、とにかく居座り続けること」と言われました。

当たり前のことを言っているのですが、芸能活動を続けることがいかに難しいか、思い知りました。

芸能界に飛び込むことは簡単でも、続けることは生半可ではないのです。

「役者として一生頑張っていくぞ!」

そんな覚悟持った方、ぜひ最後まで〝居座り続けること〟を意識してみてください。

決して〝楽〟な業界ではないことを忘れずに

「やってみたい」は気軽でも、「続ける」は決して〝楽〟ではありません。

何度も言っておきますね。

そんな簡単に芸能界で食べていけるようになるんだったら、誰も苦労しません。

というか、どの業界も同じですけど。

簡単に仕事がもらえると思ったら大間違い

こちらも何度も言いますが、役者の仕事はそう簡単にもらえることはありません。

役者としての価値がない人を、いきなり起用するところなどないですよね。

だから、役者として名を上げていきたいのであれば自分という〝商品の価値〟を高めることを意識してください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界で〝一流〟と呼ばれ食べていけるようになれる人はほんの一握り、これはほとんどの人が理解しているはずです。しかしこんな風に思っている方いませんか? せっかく事務所に入ったのに仕事が全然[…]

これを意識するだけで、役者としての〝在り方〟が変わってきますよ。

苦しさを知ったら、楽しさも知る

ここまでだいぶ脅しをかけてきましたが、「そんなに辛いならなぜ続けるの」なんて声が聞こえてきそうです。

そりゃ「楽しい」からです。

多くの人を怒らせたり悲しませたり笑わせたり楽しませたりすること、こんなに魅力的な仕事はほかに無いのではないでしょうか。

苦しさの分、楽しさも知れば役者という職業は辞められなくなります。

きっかけを〝与える〟ことを忘れない

最後に、僕たちは芸能活動を始めたい方たちへの〝きっかけを与える〟ということを忘れてはいけません。

日本の芸能界ははっきり言って衰退していっています。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

業界を盛り上げていくには、僕たちが新しい風を吹かしていくしかありません。

少しでも多くの方に、役者という仕事、そして芸能界というエンタメに興味を持っていただきたいのです。

どうぞ、気軽に役者の世界に飛び込んでみてください。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『軽い気持ちで「役者をやってみたい」きっかけはそれでいいと思う』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです! ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、3[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!