注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

芸能界を目指すなら読書は欠かせない、表現力は読書で身につく

こんにちは、ひらきです。

みなさんは読書をしていますか?

朝・昼・晩、スキマ時間さえあればずっと本を読んでいる僕でも、実は昔は一切本を読まない生活でした。

なぜここまで読書好きになったのか、それは「本を読むことによって表現力が身につくと知った」からです。

今回は『芸能界を目指すなら読書は欠かせない、表現力は読書で身につく』というテーマで、読書の重要性についてお話していきます。

記事の後半では「芸能活動に役立つ本」を少しだけ紹介させていただきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ読書で表現力が身につくのか?
・読書によって芸能人生はどうなる?
・芸能活動に役立つおすすめの本は?

芸能界を目指すなら読書は欠かせない、表現力は読書で身につく

芸能界を目指すなら、いえ、そもそもどんな人生を歩むにしても「読書」とはとても大事なものになります。

というのも、読書によって身につくスキルや知識は生きていく上で欠かせないものになるからです。

「教養力」「認識力」「読解力」「思考力」「歴史」「想像力」・・などなど。

本を読めば人生そのものが〈深く〉なるのです。

スポンサードリンク

日本人の平均勉強時間は〝6分〟

そもそも、日本の社会人はほとんど勉強をしていません。

毎日なにかしらの勉強をしている人は全体の約半分、そして平均の勉強時間はたったの〝6分〟しかないのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 いきなりですが質問です。 みなさんは毎日勉強していますか? 勉強?ほとんどしてないよ 大人になっても勉強しなくちゃいけないの? はい、こんな方はぜひ最後までお読みください。 […]

日本人が〈学び〉に対してどれだけ意欲がないか分かりますね。

一冊の本に人生が詰まっている

本というのはその一冊の中にその人の人生が詰まっています。

成功した経験、失敗した経験、学んだ経験、教えた経験・・、だから表現力が身につくのです。

それらがたったの1,500円〜2,000円程度で買えてしまうのですから、これほどコスパのいい〈学び〉はありません。

飲み会を一回我慢するだけで、本が1〜2冊は買えてしまいます。

僕は読書をするようになってから、飲みに行くことが減りました。

一流のクリエイターは皆、本を読む

芸能界を見渡してみると、多くの〝一流〟と呼ばれる人たちはみんな本を読んでいます。

特に役者を生業としている方たちは、〈読解力〉がないと台本を読むことすらできませんから。

撮影中の合間や楽屋での待機中は本を読んでいる方が多いのです。

よくテレビで、「芸能人のお家にお邪魔してみました」的な番組でも、部屋の奥にはズラリと本が並んでいますよね。

つまりはそういうことです。

読書によって、ビジネスの知識も身につく

僕は芸能活動の傍ら、会社経営もしています。

なぜ会社を起業することになったのか、それは読書をして〈ビジネス〉を学んだからです。

それまでアルバイト生活でしたが、本を読み学び、お金の知識を身につけることでアルバイト生活から抜け出すことが出来たのです。

芸能界は食べていくのが難しいですからね

芸能活動だけで食べていけるようになるのは並大抵のことではありません。

日本のタレントデータバンクに登録されているタレントの数はおよそ24,000人、登録していない人も含めると数万人〜10万人を超える人たちが芸能を目指して切磋琢磨しています。

その中で食べていけるようになっている人はどれだけいるでしょうか・・。

ほんの数%程度でしょうね。

どれだけ芸を磨いても、「食べていく」という観点にフォーカスを当てないと、いつまで経っても豊かな芸能生活はできないのです。

スポンサードリンク

アルバイトだけでは生活は変わらない

僕の周りでも、アルバイトで生計を立てている芸能仲間はたくさんいます。

多くの方は「本を読んだら?」と勧めてもピンとこないのです。

その割に「酒を飲む」「たばこを吸う」ですから、これでは生活は変わりませんよね。

所謂、自己投資の習慣がないのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

お金の使い方は人それぞれなので強要は出来ませんが、芸能界を目指すなら自己投資についてもう少し向き合ったほうがいいように感じます。

ズキッときた方、いませんか。

Amazon
形式:Kindle版(電子書籍)
480円にて販売中

独自のビジネススタイルを考え出す

芸能活動は周りと同じやり方をしていても大成するには程遠くなってしまいます。

いかにブルーオーシャンなやり方を模索するか、そしてそのジャンルでどうやって勝ち残っていくか、これを考えなくてはいけません。

それにはやはり〝本〟を読んで知識を増やすという手段が一番なのです。

「芸能事務所に入れば仕事がもらえる」

なんて思っている方、これはもはや時代遅れの考え方なのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 「これから芸能活動をしていきたい」という方にはぜひ読んでいただきたい記事になります。 質問です。 芸能プロダクションに所属しただけで安心してはいませんか? どういうこと? 芸能プロ[…]

芸能活動に役立つ、おすすめの本を少しだけ紹介

最後に少しだけ、芸能活動を目指す方に向けておすすめの本をいくつか紹介したいと思います。

すべての道は役者に通ず

「演じることは、人生そのものだ」

時代劇・映画史研究家の春日太一さんが、一流の俳優23名の方々から役者人生や演技論をたっぷり聞き出した至高の一冊になります。

織本順吉、加藤武、宝田明、山本學、左とん平、中村嘉葎雄、上條恒彦、山本圭、石坂浩二、藤竜也、橋爪功、寺田農、江守徹、西郷輝彦、武田鉄矢、火野正平、勝野洋、滝田栄、中村雅俊、笑福亭鶴瓶、松平健、佐藤浩市、中井貴一(生年月日順)が登場。(2018年10月発表作品)

このものすごい豪華メンバー一人一人が、役者について熱く語ります。

「役者としてこれからどうしていったらいいのか」そんな壁にぶつかってしまった時、この一冊を是非読んでみてください。

役者としての悩み、今後の芸能界でどうやって生きていけばいいのか、そんな思いがこの俳優陣によって語られています。

君たちはどう生きるか〈漫画版〉

「自分の行き方を決定できるのは、自分だけだ」

多くの方がこの本によって人生を考えさせられたのではないでしょうか。

漫画版、読書に慣れていない方でも読みやすくなっています。

芸人人語

「芸だけで食べていくことに必要なのは、一生恥をかくという覚悟だ」

芸人である太田光さんのコラム集です。

好きなんですよね、太田さんの考え方って。

表現とは?

社会とは?

人間とは?

色々と考えさせられる一冊です。

読書をする人だけがたどりつける場所

「本物の教養は読書で身につく」

最後に紹介するのが、読書の重要性についての一冊です。

これを読めば、いかに読書をしない人生がもったいないかが分かります。

この記事に書いてあることがちっぽけに感じます。

小さい書籍なのでサクッと読めてしまいますよ。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『芸能界を目指すなら読書は欠かせない、表現力は読書で身につく』というテーマで読書の重要性をお話させていただきました。

これを機に、少しでも読書を好きになってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!