注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

「芸能界での失敗談」失敗や挫折を繰り返して役者は一流になる

こんにちは、ひらきです。

突然ですが、皆さんは今までどれだけの挑戦をしてきてどれだけの〝失敗〟をしてきましたか。

「人は失敗すればするほど成長する!」

なんて言いますよね。

これ本当です。

しかし、高い気持ちで何かに挑んだはいいけど、それが〝失敗〟に終わってしまったら精神的ダメージは計り知れませんよね。

とは言っても、一流と呼ばれる人たちは誰もが「失敗と挫折」を繰り返してきています。

今回は僕が今までの芸能活動で〝失敗〟してきた体験談をお話し致します。

この記事を読んで、少しでも元気が出てくれれば嬉しいです。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

何かを挑戦する上で〝失敗〟はつきもの

まず大前提として、失敗することは決して悪いことではありません。

「何かに挑戦するとき」

「何かを行動するとき」

特に初めてのことをチャレンジする時なんて失敗するのが当たり前です。

逆になんの失敗も無しに大成功を収めるなんて聞いたことがありません。

例えば子供の時、最初から自転車に乗れた子っているでしょうか。
何度も何度も転んでやっと乗れるようになりましたよね。

それと同じです。何かを成し遂げようとするには、この〝失敗〟がつきものなんです。

スポンサードリンク

「芸能界での失敗談」失敗や挫折を繰り返して役者は一流になります!

僕は芸能界で〝一流〟と呼ばれるにはまだまだ程遠いですが、それでも思い出せないくらいの失敗を数多く繰り返してきました。

時には逃げ出し、人のせいにし、自分を正当化するだけの時期もありました。

以下にこれまで経験してきた失敗談を書いていきます。

せっかく頂いた仕事をくだらない理由で断ってしまった

僕はしばらくフリーランスとしての活動が多かったのですが、一つの仕事をもらうことがどれだけ大変かまだ分かっていませんでした。

仕事のありがたみは、仕事がない恐怖を味わうと思うようになります。

仕事をもらったにも関わらず、「その日はアルバイトがあります」「その日は別の用事が・・」
こんな風にせっかくの依頼を断ってしまう人も多いのではないでしょうか。

まず一番の優先順位はなんなのか、何かを目指しているのであればこれを考えれば分かりますよね。

僕もそうでした。

アルバイトが生活の優先度を占めており、ドラマの依頼や映画の現場依頼をどれだけ断ってしまったか。

その分だけチャンスを失ってしまっているということですからね。

アルバイトも生活があるのでもちろん大事です。

が、芸能の仕事をもらうというのは本当に大変です。

こんなことを言うと失礼になってしまいますが、所詮アルバイトですから。

たとえ翌日のシフトだろうと断る勇気を持ちましょう。

それでクビになったら次を探せばいいんです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回の記事は痛いところをつかれる方が多いんじゃないかな。 ずばり「アルバイトは無駄」というテーマでお話させていただきます。 えーでもアルバイトしなかったら生活できないよ・・ です[…]

自分の〝非〟を認めず言い訳をしてしまった

これも若い頃ってありがちですよね。

自分のミスを認めず、謝罪よりも先に言い訳が出る。

一回これをやっただけで「周りからの信用」はガクッと落ちます。

与えられた仕事に責任を持つ。

一生懸命やってミスしたことに対して、周りは絶対に咎めません。

素直に謝ればいいんです。

そこで変なプライドで言い訳してしまうとどんどんそのミスが大きくなってしまい、挙げ句の果てには〝信用〟を失ってしまいます。

関連記事

こんにちは、ひらきです。   ひらき 【プロフィール】ひらき(@khiraki0201)芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。→https://kslink.jp10代から20代にかけて芸能界で〈生[…]

一度失った〝信用〟は、取り戻すのにものすごく時間がかかります。

もしかしたら取り戻すことは出来ないかもしれません。

言葉一つで周りからの評価が大きく変わってしまうんです。

自分の非をしっかり認め、まずは〝素直〟になること。

これが一番です。

どんなことでも「出来ます!」と答えてしまった

僕自身、20代前半の頃は本当にプライドの塊でした。

今考えるとただのクソガキだったわけですよ。

何の根拠もないのに、言われたことに「出来ます!」と答えていました。

案の定、監督の満足のいくような結果を出せず、たくさん恥をかいてきました。

なによりも周りにたくさんの迷惑をかけてきました。

しっかりと技術を身につけ、プロとしての力を身につけてからこれを言うようにしましょう。

それまでは「やらせてください!」でいいんです。

挑戦する気持ちは大事ですからね。

長年いた事務所を「何もしてくれなかった」という理由で退所してしまった

これは勘違いしてる人も多いのではないでしょうか?

芸能プロダクションに求めるもの、それは売りだしてくれる営業力も大事ですが「プロダクションから与えられたきっかけとチャンスをどれだけ掴めるか」です。

特に中・小の芸能プロダクションは正直大きな営業力は持っていません。

だから自分で自分をアピールしていくしかないのです。

↓芸能プロダクションについてはこちらの記事で詳しく書いてあります。よかったら読んでみてください。
関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界で活躍したい! お客さんの前で最高のパフォーマンスを提供したい! 芸能界を目指す理由は人それぞれですが、仕事をもらい活動していくためには『芸能プロダクション(事務所)[…]

長年いた事務所を「厳しいから」という理由で退所してしまった

これは本当に残念でしたね。

長年、厳しい教育の中あらゆる経験や技術を学ばせてもらったにも関わらずこんな理由で退所してしまったのです。

つまり逃げてしまったのです。

今となってはこの事務所とはまた共にドラマの現場で仕事をする仲になっていますが、辞めた当初はお互い気まずい関係になってしまいました。

経営者という立場になり、あの時教わっていたことが今になって全て理解出来るようになりました。

ただただ厳しかったので、当時はそれが分からなかったんですよね。

当時の社長からこんなことを言われました。
「うちは厳しかったけど、お前が独立して社長として立派にやっている姿を見て俺は嬉しい」
と言われた時、僕は涙を流しながら
「・・はい。こちらこそありがとうございました」
と、嬉しさのあまりこれだけしか答えられませんでした。

その人からのありがたみって、後になってやっと気づくんですよね。

〝失敗〟したからといって後悔してはいけない

「反省はいいが後悔はするな」

こんな名言がありますね。

後悔ってね、無駄でしかないんですよ。

その失敗をただ落ち込んでしまうだけでは何の成長にも繋がらないんです。

その失敗を反省し活かし次に繋げること、これが大事なんです。

特に芸能界ってみんな失敗ばかりしていますよ笑

スタッフもそうですし、もちろんキャストも。

繰り返して繰り返してこの業界を渡り歩いて来たんです。

だから後悔して投げ出さないように、そして逃げ出さないように。

周りは〝素直〟にしていれば絶対に支えてくれますから

【まとめ】失敗や挫折は当たり前です

みんな失敗を恐れ、挑戦することをためらってはいませんか?

そんな人生全く面白くないです。

挑戦して失敗して挑戦して失敗して・・それを繰り返して人は成功します。

逃げ出さなかった先に〝結果〟が待っているんです。

失敗することに臆病になり、なにも行動しなかったら人生もったいなくないですか?

芸能界って娯楽の世界なんですから、楽しんだものが大成していくんです。

いちいち失敗なんか気にしない!

僕なんか失敗が快感になってますからね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!