注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

芸能活動「自分を安売りするのはNG?」そこから広がる仕事の繋がり

こんにちは、ひらきです。

芸能を目指しているみなさん、自分を〈安売り〉していますか?

はい、なんだか変な質問でスタートしましたね。

今回は『芸能活動「自分を安売りするのはNG?」そこから広がる仕事の繋がり』というテーマで、芸能界での自分の〝売り方〟についてお話していきます。

あんまり自分を安売りしても、周りからの価値が下がっちゃうんじゃない?

はい、こんな風に思っている方はぜひ最後までお読みください。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・自分を〈安売り〉した方がいい理由
・自分をうまく使ってもらうには・・
・芸能活動では〇〇の構築が一番重要

芸能活動「自分を安売りするのはNG?」そこから広がる仕事の繋がり

芸能の世界では「自分を安売りしない方がいい」なんて言う方がたくさんいます。

確かにその通り。

それはあなたなの評価を下げてしまうからです。

しかし、「安売りしない方がいい」のはあくまで〝一流〟と呼ばれる方々です。

結論を言いますと『売れないうちは安売りした方がいい』のです。

スポンサードリンク

【結論】売れないうちは安売りした方がいいです

どんな業界においても、売れなかったら「安くしてでも買ってもらう」というのは商売では常識的な考えではないでしょうか。

「自分の価値はこのくらいはある、決して安くはない」なんて割りに合わない高めの設定をして、使ってもらえなかったら意味がないですよね。

ではなぜ安売りした方がいいのか、説明していきます。

安売りした方がいい理由

以下の3つにまとめました。

理由その①:気軽に使ってもらえる
理由その②:人との繋がりが広がる
理由その③:現場経験が増える

それぞれ深掘りしてお話していきます。

理由その①:気軽に使ってもらえる

芸能界は仕事をもらってなんぼの世界です。

・あの人はお金にうるさいから使いづらい
・プライド高すぎて使いたくないんだよね
・実力ないのに態度ばかりでかいんだよな

プロデュース側にこんな風に思われてしまったら最悪です。

これだけで仕事のチャンスを逃してしまいます。

まずは「自分を低く見積もって、気軽に使ってもらいやすくする」こと。

売れないうちは使ってもらうことを意識した方がいいです。

理由その②:人との繋がりが広がる

気軽に使ってもらえるようになれば、その分「人との繋がり」が広がっていきます。

芸能活動は〝人脈〟で成り立っています。

相手から評判がよければ仕事は増えていくし、評判が悪ければ仕事はありません。

当たり前ですよね。

自分のことを「使いやすい」と思ってもらえれば〝人脈〟は広がっていき、仕事は増えていきます。

理由その③:現場経験が増える

これも当たり前のこと。

仕事が増えていけば〝現場経験〟が積み重なっていきますよね。

芸能の仕事って、スキルももちろん大事ですが〝現場経験〟を増やすことの方が実は大事なんです。

どんなに素晴らしいポテンシャルを持っていても、現場経験が不足していたらいざという時に100%のパフォーマンスは発揮できません。

自分を安売りしていけば、現場の経験値はどんどん増えていくのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回の記事では『「生き残る芸能人」と「すぐ消える芸能人」の違いってなに?』というテーマで、実際に芸能界で働いている僕の視点から考察していきます。 先日、以下のような記事を見つけました。 [blog[…]

スポンサードリンク

ただし仕事に対する〝信念〟を持って

なぜ〈安売り〉をした方がいいのか、分かっていただけたでしょうか。

芸能活動は最初から自分を高く見積もってもメリットはないのです。

そもそも〈安売り〉ってどういうこと?

なんて思う方もいるでしょう。

ま、簡単に答えるとこんな感じです。

・どんな仕事も「はい」の一つ返事で受ける
・いきなり「ギャラはいくらですか」なんて聞かない
・自ら率先して現場の業務を引き受ける

しかしここで要注意。

あまりにも気軽にほいほい仕事を引き受けすぎてしまうと、いいように使われて終わってしまうのです。

いいように使われてしまうとそれで終わってしまう

利用されるだけ利用されてあとはポイッ。

こんなのは最悪ですよね。

枕営業なんてのも最悪のパターンです。

今の時代に、枕営業なんて無知・情弱のすることです。

しっかりと見極めるためには、慎重になりつつもやはり現場経験を積んでいくしかないんですよね。

しっかりと結果の残せるプレイヤーに

どんな仕事も〝信念〟を持って受けることは当たり前ですよね。

お仕事を簡単に引き受けたところで、一つ一つを疎かにこなしていたら意味がありません。

それだけで〈信用〉は崩れてしまいます。

この後お話していきますが、芸能活動において重要なのな〈信用〉です。

しっかり仕事を引き受けたのであれば、結果を残すことを意識したプレイヤーになりましょう。

芸能活動は〈〇〇の構築〉を最優先に考えよう

というわけでここからは〈信用〉についてお話していきます。

はい、もう答えはさっき出てしまっていましたね。

見出しの〇〇は〈信用の構築〉です。

自分を〈安売り〉することは、それがきっかけとなって〈信用の構築〉に繋がっていくのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 突然ですが質問です。 永く芸能界を渡っていくには何が重要だと思いますか? え、なんだろ 実績?実力?知名度? かな・・ こんな風に思っている方、ぜひ最後までお読みください。 […]

しかしここでも注意点、それは自分だけがいい思いをしないようにすることです。

お互いにウィンウィンの関係を作れるように

つまりお互いが〝ウィンウィン〟の関係になれるようにすることですね。

仕事をもらってばかりの関係では、相手はこんな風に思ってしまうかもしれません。

・いつも仕事をあげることが当たり前になっちゃってるな
・「見返りをよこせ」とは言わないけど、・・なんか嫌だな

師匠や監督、プロデューサー、様々な方があなたに仕事をくれているとしましょう。

けれど、こういった方たちに仕事面でお礼をするのは難しいかもしれませんよね。

たまには食事にでも誘ってあげて、ご馳走するだけで更にあなたへの〈信用度〉は高まります。

お互いの良い関係づくりも忘れずに。

こちらからも遠慮なく頼る

もしあなたが芸能界でどんどん経験を積んでいき、一人でもたくさんの仕事をもらえるようになったとしましょう。

そしたらきっと個人で〝事業〟を行いたくなるはずです。

そんな時は遠慮なく今までお世話になった方々を頼りましょう。

「〇〇なことをやりたいんです、手を貸してください」

こんな風に言われて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指しているみなさんに心が痛くなるような質問をしますね。 芸能活動で稼げていますか? ◇ ◇ ほとんどの方がこう答えるのでは? いいえ、ほとんど稼げません。汗 ◇ ◇ […]

自分を〈安売り〉した先に・・

自分を安売りすることは、確かに目先のことを考えると快く思わない方もいるでしょう。

しかし、長い目で見たときに自分を安売りしたことで大きな成長に繋がるのです。

どんな商売でも、いきなり〈商品〉を高く見積もってはうまくいくわけがありません。

まずは低いところから、着実に積み上げていきましょう。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『芸能活動「自分を安売りするのはNG?」そこから広がる仕事の繋がり』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!