注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

【勘違い】「役者は待つことが仕事」は過去の話/これからは〇〇だよ

こんにちは、ひらきです。

「役者活動するなら芸能プロダクションに所属」←これは当たり前の考えですよね。

でも中にはこのように感じる方もいます。

せっかくプロダクションに所属したのに全然仕事がもらえないんだよね・・

こんな風に思った方、ぜひ最後までお読みください。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ「役者は待つことが仕事」は終わったのか
・これからの芸能活動はどう動くべきなのか
・芸能プロダクションは必要あるのか

【勘違い】「役者は待つことが仕事」は過去の話/これからは〇〇だよ

一昔前の芸能界ではこんなことを言われていました。

〜「役者は待つことが仕事」〜
いきなり仕事がもらえるわけではないので、ひたすら耐えて耐えてチャンスがやってくるのを待つこと。

確かに間違ってはいません。

所属プロダクションからの連絡をただひたすら待ち、それを掴んでいってこそ徐々に芸能界での経験を増やすことができるのです。

しかし、それはもう〝過去の話〟なのです。

ということをこの記事ではお話していきますね。

先に結論を言いますと、タイトルの〇〇は『自分から行動する』です。

つまり今の時代、待っているだけでは役者の仕事はもらえないということです。

スポンサードリンク

待っていても誰も手を差し伸べてくれない

よく考えてみてください。

芸能活動よりもアルバイトが優先・プライベートが優先になっているような子に一体誰が手を差し伸べてくれるでしょうか。

高い入所金・高い月謝のかかるような大手プロダクションならまだしも、所属費無料・月々かかる費用もないような中小のプロダクションでは「やる気を感じられない」ような子を率先して営業するメリットがないのです。

(愚痴になってしまいますが・・)

大切なのは積極性です。

自分から芸能活動に対し、しっかりと〈やる気〉という意思表示をすることが大切なのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 生活の中で〈優先順位〉ってありますよね。 ①家族 ②仕事 ③趣味 ④プライベート ⑤休息 みたいな。 芸能界を目指している方にずばり聞きたいです。 あなたの芸能活動の優先順位はどこですか?[…]

なぜ時代は変化したのか?

僕も芸能界に入りたての頃は「役者は待つことも仕事」なんていう風に言われてきました。

〈忍耐強く待っていれば、必ずチャンスはやってくる!〉

しかし時代は変わりました。

待っているだけではチャンスはやってきません、時間がダラダラと過ぎていくだけです。

なぜそうなったか。

大きな原因は〝SNSの普及〟だと感じています。

TwitterやInstagram、YouTubeなどがいい例です。

今は利用していない人の方が少ないもSNS、つまり誰もが世間に自分をアピールできるようになってしまったのです。

「芸能人よりも一般人の方が認知度が高い」なんてのも珍しくないですからね。

役者を目指しているのに何も情報発信をしない、なんてのはあり得ないのです。

その人がどんな生活を送っているのか、どんなことに挑戦しているのかが全て分かってしまう時代です。

あなたのプロダクションの担当者もあなたの行動をSNS等で見ているでしょう。

「この子、ぜんぜん積極的に行動していないな」

なんて思われてしまってはチャンスはやって来ないでしょうね。

関連記事

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です。 芸能界を目指している方、みなさんは〝発信活動〟に力を入れていますか。 芸能活動は撮影現場やステージなど、表舞台で活躍することだけが全てではありません。 そこに繋げるため[…]

自分から行動する度胸と挑戦心

待っているだけの役者がどれだけ時代遅れか、なんとなく分かっていただけたでしょうか。

時代の変化とともに、芸能を目指す活動も対応していかなくてはいけません。

じゃあどうしたらいいの?

こんな疑問にお応えしていきますね。

まず自分は「何がしたいのか」を明確に

そもそも役者を目指しているみなさん、自分が「何がしたいのか」って明確になっていますか。

役者といっても活動はさまざまです。

・ドラマや映画など、映像作品で活躍
・舞台・ミュージカルなどで活躍

など、なりたいジャンルによって活動を考えていかなければいけません。

ただ漠然と「役者になりたい」だけではどのように行動していいか分からないし、所属しているプロダクションの担当者は尚更あなたにどんなアドバイスをしていいか分かりません。

思考停止していては食べていけるようにはならない

・芸能活動において自分の考えを持たない
・誰かに何かを言われるまで動かない
・目標がないと何をしていいか分からない

これは〝思考停止〟と言われるものです。

もしかしたら一昔前の芸能界はこれで良かったかもしれません。

プロダクションからの連絡を待ち、マネージャーに言われた通りの仕事をこなす。

これが成立していた時代も確かにありました。

しかし今は違います。

自分からしっかりとアピールしていかないと無駄な時間が過ぎるだけになってしまいます。

スポンサードリンク

自分をアピールすることが大事だよ

あなたは所属しているプロダクションや担当マネージャーに「自分をアピール」していますか。

これ、本当に大事です。

・どんなことをやりたいのか
・どんなスキルを持っているのか
・どんな役者になりたいのか

これらをちゃんと伝えること。

身近なところにすらアピール出来ないようでは、とてもじゃないですが芸能界は渡っていけません。

この後お話しますが、今は〝個人の力〟が試されている時代です。

では、芸能プロダクションは必要あるのか?

個人の力や積極性がいかに重要になってくるか、なんとなく分かってくれたでしょうか。

そしたらこんな風に思う方もいるはず。

じゃあ芸能プロダクションに所属する必要ってあるの?

はい、そんな疑問に応えていきますね。

フリーは活動に限界がある

確かに今は芸能プロダクションに所属せず、フリーとして活動する役者が増えてきています。

しかしフリーで活動するには限界があるのです。

・知名度が低い
・信用度が低い

上記2点、芸能活動において重要なものが欠けてしまうのです。

本気で芸能界を目指したいのであれば「芸能プロダクションを利用する」という考え方を持った方がいいでしょう。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者を目指すうえで、芸能事務所(芸能プロダクション)あるいは劇団に所属することは必須です。 が、近頃ではどこの団体にも所属せずに〈フリー〉で活動する役者が増えてきています。 フリーで活[…]

プロダクションを利用する考え

僕自身、芸能プロダクションを経営している身でこんなことを言うのもおかしいですが・・。

「所属している芸能プロダクションを〝利用〟してください」

というのも、プロダクションの看板を使って自分で芸能ビジネスを行えばいいのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは芸能活動で食べていけていますか? 芸能界を目指しているけれどなかなか食べていけない、いつまでもアルバイト生活だよ・・ こんな方、多いのではないでしょうか。 […]

役者としてのスキルを磨くことももちろん重要ですが、これからは〈ビジネス思考〉を持った人が芸能界で大成していくと僕は考えています。

【まとめ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は『【勘違い】「役者は待つことが仕事」は過去の話/これからは〇〇だよ』というテーマでお話させていただきました。

もう一度結論を言いますと、これからの役者は『自分から行動する』が成功の鍵になってきます。

その意識を持って、これからの活動により精進していただけたら嬉しいです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!