注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 舞台
  5. ドラマ

芸能活動は「楽しいこと」をやり続ければ結果はついてくるのか?

こんにちは、ひらきです。

芸能界で仕事をしている人、本気で食べていきたいと思っている人、その大半の人たちが「楽しいからやっている」のではないでしょうか。

エンタメ業界ですからね、お客様を楽しませる仕事なわけですから、こちらが楽しんで取り組まなければお客様を笑顔にすることなど出来ません。

しかし、芸能活動は「楽しいこと」だけやり続ければ〝結果〟となるのでしょうか?

この記事では『芸能活動は「楽しいこと」をやり続ければ結果はついてくるのか?』というテーマでお話していきます。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

・なぜ「楽しいこと」だけでは仕事が広がらない?
・「楽しいこと」だけを仕事にしていくには

芸能活動は「楽しいこと」をやり続ければ結果はついてくるのか?

結論を言いますと「楽しいことだけでは仕事の幅は広がっていかない」と僕は考えます。

というのも、「楽しさ」を優先して仕事を選んでいては、その活動自体が「趣味の感覚」になってしまいます。

もちろんそれを否定するわけではありません。

が、それでは視野が狭くなってしまい得られる収入も限られてしまいます。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 役者活動されているみなさん、その活動に〝どんな覚悟〟を持って挑んでいますか? ・お客様のために全力でエンタメを届けたい ・自分たちが楽しくお芝居できればそれで満足 ・ギャラをいただく分、プロとしての自覚[…]

スポンサードリンク

仕事を選んでしまうと印象に残らない

「この作品は〇〇が嫌だから出たくない」

「〇〇が出演するんだったらやりたくない」

その仕事に対する価値観は人それぞれです。

ですがどんな現場にも〈チャンス〉は転がっています。

逆に、「楽しくない」を理由にその案件を断ってしまうとどんどん仕事のチャンスは逃げていき、そのうち周りからの印象に残らなくなってしまうのです…。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 「長年のキャリアがあるのに、なかなか芸能界で前進できない・・」 こんな風な悩みを持っている方、少なくないですよね。 原因はいくつもありますが、「チャンスをつかめない」というのが大きな要因の一つかも[…]

芸能活動は周りへの「印象付け」が大事

仕事をもらうためにオーディションを繰り返すのもいいですが、それだけでは安定した環境には繋がりません。

さまざまな現場を経験して、周りに自分を覚えてもらう。

これが本当に重要なんですよね。

どんなにスキルが高くても、周りがあなたを認知していなかったら声はかかりません。

どんな現場でも、そこがオーディション会場だと思って「自分をしっかり覚えてもらう」のです。

現場での自己アピールも芸能活動の一環

この業界、コミュニケーションも芸能活動の一環と思ってください。

仲の良い仲間とばかり喋っているのではなく、プロデューサーや監督、大御所俳優など、多くの先輩方がいるわけですから、その方たちともしっかりコミュニケーションをとるのです。

「この子はずいぶんやる気に満ちているな」

「面白い子だ、次も声をかけてみようかな」

なんて思わせてしまえばこちらの勝ちです。

ただし、仕事の邪魔はしないように。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は芸能活動においての〈仲良しこよし〉についてお話していきます。 結論から言うと「過度に仲良くなりすぎるとただの遊びや思い出づくりになってしまう」ということです。 え、じゃあ共演者と[…]

仕事が安定するまでは、どんな案件もがむしゃらに

厳しいこと言ってしまいますが「仕事の声がかかる」つまり、仕事が安定してくるまでは「仕事を選ぶ立場ではない」ということです。

あれがやだ、これがやだ、だから出ない。

芸能活動を〝趣味〟でやっているならそれで良いと思います。

「楽しいこと」だけやり続けたい気持ちも分かりますが、「楽しいこと」だけをやり続けて食べていけるようになったら苦労はしませんよね。

それほど、芸能界を渡っていくというのは甘くないことなのです。

本気で「楽しいこと」だけやりたいなら〝ビジネス〟を学べ

偉そうなこと言っているが、ひらきはどうなんだ!

言ったら反感を買いそうですが、僕はそれなりに「楽しいこと」を満喫しながら生計を立てられています。

もちろん、今の環境を築くまでに散々「嫌なこと」を経験してきました。

そして「楽しいこと」をやり続けられるようにその基盤を積み重ねてきました。

それはどんなことか?

〝ビジネス〟です。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 ひらき 【プロフィール】 ひらき(@khiraki0201) 芸能プロダクション/株式会社K'sLink代表取締役。 →https://kslink.jp 10代から20代にかけて芸[…]

芸能目指すならアルバイトをするな

僕は「本気で芸能界を目指すならアルバイトをするな」と散々言ってきています。

時間と労力の無駄だから。

「そんなことしたら生活費が稼げないじゃないか…」

それは「お金を稼ぐ=労働」という選択肢がないからです。

アルバイトに費やしている人生を芸能活動に費やしたら、どれほど自分を磨くことができるのか。

ちょっとイメージしてみてくださいよ。

Amazon
形式:Kindle版(電子書籍)
480円にて販売中

逆算して考えれば「楽しいこと」は続けられる

誰もが「楽しいこと」だけを続けていきたいのが本音ですよね。

しかし、最初から「楽しいこと」を最優先してしまっているから成功しないのです。

5年後、10年後、20年後…

長い目で見た時、人生の最終着地ポイントが「楽しいこと」で満たされていたらそれでいいじゃないですか。

僕は50歳までに、金銭的余裕や仕事の充実度を満たすつもりで今を計画しています。

会社経営、ビジネス、投資、そして勉強…。

それらに自分の人生を費やしています。

目先を見ることも大事ですが、もっと先の将来の自分を見たとき、笑っている方がいいですよね。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『芸能活動は「楽しいこと」をやり続ければ結果はついてくるのか?』というテーマでお話させていただきました。

もう一度結論を言いますが、「楽しいこと」だけやっていては芸能界で食べていけるようにはなりません。

断言します。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!