注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

イケメン・美女じゃないと芸能界は難しい?見た目よりも大事な話

こんにちは、ひらきです。

以前、弊社への面談にこんな方が来ました。

「整形でもなんでもします!とにかく売れたいんです!」

ん〜、これって芸能界の本質を色々と勘違いしているんですよね。

今回は『イケメン・美女じゃないと芸能界は難しい?見た目よりも大事な話』というテーマでお話していきますね。

ひらき

【プロフィール】
ひらき(@khiraki0201
芸能プロダクション/株式会社K’sLink代表取締役。
https://kslink.jp
10代から20代にかけて芸能界で〈生きる〉ためのノウハウを学び、30歳で起業。役者、アクション/スタント、ドラマ制作、舞台プロデュース、キャスティング、脚本や演出など幅広く活動中。
詳細や芸歴はこちら

イケメン・美女じゃないと芸能界は難しい?見た目よりも大事な話

確かにテレビの中、スクリーンの中にはいわゆる「イケメン」「美女」という方たちが溢れています。

アイドルだったりモデルだったり、お芝居を本業としていない方たちでもドラマや映画に出演できてしまうのが日本の芸能界ですから。

そんな環境の中で、「格好良くもないし綺麗でもない、でも芸能界を目指したい」というのは不可能なのでしょうか?

結論を言いますと〝可能〟です。

そもそもこの考え方自体が芸能界の本質の捉え方を間違えているのです。

スポンサードリンク

芸能界は〝表現の世界〟です

「テレビに出て有名になりたい」

多くの方が芸能界に対し、このような〝夢〟を抱いてしまいます。

でも芸能界って有名になることを目標にするところではありません。

あくまで〝表現の世界〟なのです。

・お芝居で魅せる表現
・ダンスで魅せる表現
・歌唱で魅せる表現
・アクションで魅せる表現
・ものづくりで魅せる表現

などなど、つまり芸術(アーティスト)の表現の場なんですよね。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指していて、こんな目標を掲げている方はいないでしょうか? 『芸能界で〝有名〟になりたい!』 決して否定する訳ではありませんが、この思考を持っているようなら絶対に有名にはなれません。 […]

「見た目」にこだわるよりもスキル(技術)を磨く

「見た目」ばかりを気にして、「何も出来ない」タレントが日本の芸能界には溢れています。

確かにビジュアルは大事です。

お客さまに見ていただくには清潔さはもちろんのこと、それなりにおしゃれを意識して化粧や服装にもしっかりこだわった方がいいです。

しかし、それはあくまで「見た目」の話。

表現者として大事なのはお客さまに魅せるための「スキル(技術)」なのです。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 みなさんは芸能界ってどんな業界だと思っていますか? え、テレビに出て有名になるところじゃないの? はい、ブブーです。 こんな風に芸能活動を勘違いしてしまっている方、ぜひ最後までお読み[…]

芸能界での目標を明確にすること

そもそも芸能界でどんな活動をしていきたいか、「明確な目標」を持っていますか?

ただ「有目になりたい」「ビッグになりたい」では意味が分かりませんよね。

「役者になりたい」「歌手になりたい」

これでも漠然としています。

・帝国劇場でメインキャストとして起用されたい
・時代劇の映画に出演して世界に日本の伝統を伝えたい
・紅白歌合戦に出場して多くの方に自分の歌を聴いて欲しい

などなど。

「目標が大きすぎないかい?」と言われそうですが、目標は大きい方がいいのです。

モチベーションが高くなりますし、目標が小さいと、小さい規模での活動で満足してしまいます。

「本気で芸能界に人生を捧げたい」と思っているのなら、大きな目標を掲げそれに向かってとことん行動していきましょう。

「見た目」で掴む個性

イケメンでなく美女でもなく、大事なのは表現者としてのスキル(技術)。

と、お話しましたね。

とは言っても、芸能活動していくにはその人の「見た目」はとても重要です。

お客様はまず〝見た目〟からその人の表現力を見ていきます。

同じような「見た目」の人が多い件

諸外国から日本は「個性のない国」と言われています。

というのも、髪型もメイクも服装も流行りがあればみんなそれと同じに合わせてしまう風潮があるからです。

周りと同じような格好をしていても気にしない、いや、周りと違う格好をすることが怖いのです。

小さい頃から周りに合わせるように教育されてしまっていますからね、文化的に仕方のないことなのですが…

それでも芸能を目指すからには、自分自身を世間に印象付けなければなりません。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 芸能界を目指している方で、こんな風に悩んでいる方はいませんか? 〈コンプレックス〉があって困っている・・ むしろコンプレックスの無い人なんていないのではないでしょうか。 この記事[…]

覚えてもらうことも芸能の一環

そもそも芸能界で仕事を掴んでいくためには、自分という〝商品〟を世間に覚えてもらわなければ仕事はもらえません。

そのためには自分の〝個性〟を主張していく必要があります。

「あの役だったら〇〇さんがぴったりだな」

このように思わせたら勝ちです。

自分はどんな雰囲気なのか、どんな個性を持っているのか、これらを客観的に見れるようにしておきましょう。

結論:自分の生まれ持っての〝素材〟を大事に

冒頭から何度も言っていますが、イケメン・美女だからと言って芸能界で仕事が出来るという保証はありません。

整形が決して悪いというわけではありませんが、大事なのは〝そこ〟ではないのです。

・自分は芸能界でどんな活動をしていきたいのか
・自分は芸能界で何が出来るのか
・自分は芸能界で何を表現していきたいのか

「見た目」よりも大事なことはたくさんあるのです。

確かに綺麗な方のほうがお客様から注目を集めやすいし、仕事をたくさんもらえるかもしれません。

でも、根本的に大事なところをしっかり押さえていないと芸能界で食べていくことは難しいのです。

自分の生まれ持った「見た目」を大事に、それを〝個性〟として自分の表現力を高めていきましょう。

【おわり】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は『イケメン・美女じゃないと芸能界は難しい?見た目よりも大事な話』というテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

↓よければこちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、ひらきです。 今回は『【結論】食えない役者はこうすれば稼げるようになる!』というテーマで、役者活動をしていくなら〇〇もやっていかなくては。 ということをお話をしていきますね。 役者を目指してるから役[…]

〈著:ひらき〉書籍販売はこちら

株式会社K’sLinkホームページ

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!