注目キーワード
  1. 芸能
  2. 役者
  3. ビジネス
  4. 副業
  5. ブログ

〈感想〉Cocoon(コクーン)からTHE THOR(ザ・トール)へテーマ変更

ひらき

こんにちは、ひらき(@khiraki0201)です!
ブログ歴もかれこれ1年半くらいが経ちました。
そこで先日、思い切ってブログテーマをCocoon(コクーン)からTHE THOR(ザ・トール)へ変更したので、その率直な感想をお話します。

いま無料テーマのCocoon(コクーン)を使ってるけど、有料テーマに変更しようか悩んでいる。
でもたくさんあってどれがいいか分からない。最近話題のTHE THOR(ザ・トール)はどうなんだろう。

こんな風に思っている方、ぜひ最後までお読みください。

この記事では『〈感想〉Cocoon(コクーン)からTHE THOR(ザ・トール)へテーマ変更』というテーマでお話しますね。

・Cocoon(コクーン)とTHE THOR(ザ・トール)の違い
・THE THOR(ザ・トール)のよかった点と悪かった点
・有料テーマにするメリットとデメリット

〈感想〉Cocoon(コクーン)からTHE THOR(ザ・トール)へテーマ変更

まず結論を言いますと、僕は有料テーマ〈THE THOR(ザ・トール)〉に変更して良かったと感じています。
このサイトももちろんTHE THOR(ザ・トール)でのデザインとなっています。
ご覧のようにかなりシンプルにまとめていますがお洒落でとても見やすくなっています。
ただし無料テーマ〈Cocoon(コクーン)〉もかなり万能です。
ブログを始めたばかりの初心者の方は、まずはCocoon(コクーン)でブログサイトの運営を試してみるといいでしょう。

Cocoon(コクーン)とTHE THOR(ザ・トール)の違い

大きな違いは何といってもデザインでしょう。
両テーマとも派手さと言うよりは〝シンプル〟さに重点を置いているように感じ、サイトのジャンルによって様々なバリエーションが選択できます。
特にTHE THOR(ザ・トール)はワンクリックで可能な「デザイン着せ替え機能」が充実しているほか、見出しやページのレイアウトも簡単に出来るようになります。
ここはやはり有料だけあって差がでると言えるでしょうね。

THE THOR(ザ・トール)の良い点

具体的にTHE THOR(ザ・トール)の〈良い点〉は何なの?
いくつかまとめていきますね。

デザインのバリエーション

これはさっきも言ったように、サイトのカスタムが本当に豊富で簡単です。
従来使っていたCocoon(コクーン)では外観⇨カスタム⇨色々複雑な工程を進まなくてはいけませんでしたが、THE THOR(ザ・トール)では全てのデザインのカスタムが一つのページにまとまっているのですごく楽です。
プレビューを同時に参照しながら行えるので、イメージ通りのサイト設計ができます。

SEO対策

ブログで検索上位を狙っていくには〈SEO対策〉が必要になってきます。
THE THOR(ザ・トール)はこのSEO対策にもばっちり対応していて、その辺の無料テーマを使うよりも読者に読まれやすいサイト運営ができます。
というのも、THE THOR(ザ・トール)は〝HTML5+CSS3〟による最新のコーディング・検索エンジンに優しい構造化マークアップに対応しています。
簡単に言うと、ページの読み込み・表示速度が高水準のため、SEO対策で重要な〝高速表示〟が可能になっているのです。
難しく聞こえますが、これすごいやつなんです。

広告がワンクリック

ブログで稼ぐことを考えるにあたり、Googleのアドセンス広告は重要なものになりますよね。
このアドセンス広告、サイト内に貼っていく作業がすごく手間に感じることありませんか。
はい、THE THOR(ザ・トール)ではこれも〝ワンクリック〟です。
TOPページの広告の有無から、一つ一つの記事内の広告の貼り付け位置まで。
これもカスタムページから簡単に設定ができます。
これが本当に楽なんです。

THE THOR(ザ・トール)の悪い点

良いところたくさんあるんだね。
じゃあ悪いところってあるの?
はい、これも正直にお答えしていきますね。
あくまで僕が使った上での感想です。

吹き出しが2パターンしかない

なんとTHE THOR(ザ・トール)では吹き出しが〝2パターン〟しかないのです。
この記事の冒頭で使った左と右の2人のみ。
これ以上の設定ができないのです・・。
Cocoon(コクーン)を使っている方なら分かると思うのですが、Cocoon(コクーン)は追加設定で吹き出しがたくさん増やせましたよね。
漫画のように会話調の記事を書く方には、正直向いていないかもしれません。

スタイルに不足を感じるかも

Cocoon(コクーン)テーマのすごいところって、無料にも関わらず記事を書いている時の〝スタイル〟が相当豊富だったんですよね。
有料テーマと比べても遜色ないという印象でした。
THE THOR(ザ・トール)は確かにデザインは豊富なのですが、記事内の装飾が少々物足りないように感じます。
〝サブタイトルボーダーボックス〟や、(↓こういうの)
・Cocoon(コクーン)
・THE THOR(ザ・トール)
〝テーブル〟の装飾など、(↓こういうの)
値段 おすすめ度
Cocoon(コクーン) 無料 ★★★★☆
THE THOR(ザ・トール) 14,800円(税別) ★★★★★
など、Cocoon(コクーン)では無かった装飾が楽しめるので僕は満足していますが。
文字の色や形など、細かく装飾したいという方は物足りないこましれません。

テーマ変更の注意点

Cocoon(コクーン)からTHE THOR(ザ・トール)への
テーマ変更の注意点てあるの?
これは気をつけたほうがいいですよ。
僕はめちゃくちゃ苦労しました。
というのも、Cocoon(コクーン)で作成した記事の装飾はそのまま引き継ぎが出来なかったのです・・。
〝スタイル〟や〝吹き出し〟ですね。
そのため、当時100記事以上書いてあった記事のほとんどを一つ一つ手直ししました。
いやー、本当に大変でした。
テーマの変更を考えている方は、なるべく早い決断をした方がいいですよ。

有料テーマにする〈メリット〉と〈デメリット〉

最後に、有料テーマにすることの〈メリット〉と〈デメリット〉をお話しますね。

有料テーマの〈メリット〉

モチベーション向上

なんと言っても、テーマを有料にすることで運営するモチベーションが上がります。
僕自身、THE THOR(ザ・トール)に変更してから更に記事執筆へのやる気が向上しました。
14,800円は決して安い値段ではないですからね。

読者へドヤれる

有料テーマはそれだけクオリティの高いサイトが作れます。
訪れてくれた読者に「このサイトかっこいいだろ」が出来るのです笑
そして見やすいサイト設計が出来るので、満足度もアップします。

有料テーマの〈デメリット〉

金銭面

まあ、有料テーマはお金がかかりますからね。
THE THOR(ザ・トール)は買い切りの値段になっているので、まだお財布に優しいです。
が、テーマによっては月額〇〇円かかるようなものもあります。
これは自分のお財布と相談してください。

〈感想〉Cocoon(コクーン)からTHE THOR(ザ・トール)へテーマ変更

まとめると、結局〈無料テーマ〉か〈有料テーマ〉にするかは自分の好み次第ですね。

今回はCocoon(コクーン)とTHE THOR(ザ・トール)のテーマ変更についてお話しましたが、WordPressテーマは年々増え続けています。

自分の作りたいサイトによってこだわりがあるはずなので、そこはしっかり見極めていきましょう。

この記事はあくまで参考程度に。

ひらき(@khiraki0201

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!